FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

ワイヤーホイール磨き

徳島のSさんに安価に譲っていただいたワイヤーホイールを磨く。
先日2本は磨いたので残り2本のうちの1本。
ワイヤーホイール
残るは手前右の一番輝いているように見えるやつ。
4本磨き終えれば新しいタイヤを買いに行こうと思っている。
このワイヤーホイールはメッキ製品だ。輝いている表面はボディ用コンパウンドとメッキクリーナーで、
裏側はワイヤーブラシでこすっている。
今付いているタイヤの経が合えばよかったのだが、少々大きくてタイヤハウスに入らなかった。残念!

PageTop

タネの管理

毎年野菜の種を取っている。そして次の年にまたそれを植えるのだ。
まあ、植物を育てるのに当然の摂理である。
タネ整理前
保管はガラス瓶に入れて冷蔵庫で保管していたのだが、瓶が増えてきたのでビニルのジッパー付きの袋に入れ替える。
タネ整理後
ハイブリッド全盛の時代、毎年収穫出来る作物の種は極力集めておきたいと思っている。
堰板修理前
農業用水路の水も9月末で切れ、用水の調節をしていた堰板の修理をした。
堰板修理後
結構古いもので、全面的に作り直そうと思ったのだが、既存は一枚板なので、新しく合板で作ってもそちらの方が寿命が短いと思い、取っ手の修理だけにした。堰板をよく見ると真新しい木ねじが打ってあった。誰かがシーズン前に補修したのだろう。この水路を使うのは我が家と他に2~3軒、どなたか知りませんが感謝です。
使い方
また来年もこれのお世話になる事になる。

PageTop

稲刈りの準備

今日の午後は台風25号が通過するということ、小雨の中、来週予定している稲刈りに向けて農業倉庫の中のセッティングをした。
この倉庫が建設されて以来、ずっと毎年繰り返している作業で、何とかもっと効率よくならないものかとこれも毎年思うのだが、ま、年に1回だけだから・・・と妥協してしまうのも毎年のことなのである。
全景
なんの事かと言うと、農業倉庫の普段の状態はこんなんですけど、
乾燥機
稲刈り時期にだけ使う乾燥機という機械が倉庫の一番奥に押し込んである。また、稲刈り脱穀をするコンバインハーベスタという機械も倉庫の反対側の隅にこれも押し込んであるのだ。
全部出す
こいつらを取り出すには倉庫の中の機械や車をほとんど全て外に出さねばならない。
田植機まで
ちなみにどれだけ動かす必要があるかというと、まず乗用車2台。トラクター、コンバイン、ハンドガイドの草刈機、小型耕耘機、籾すり機、米選機そして春にしか使わない田植機まで引っぱり出す。田植機の右に映っているのは自作のサンドブラストキャビネット。他にも電動工具のキャビネットやカルマンギアのエンジンや・・・、これらも全部動かす。
完了
ということでこれが完成の姿。なかなか大変なのです。
籾すり機
そうそう、昨シーズンの終わりに籾すり機を清掃していてベルトが切れかかっている事に気が付いたので購入しておいた。
ベルト交換
こいつも交換して後は来週の稲刈りを待つばかり。もう台風は来ないで欲しいものです。

PageTop

台風来ぬ間の農作業

 ここ最近台風続きですね。明日にはまた25号が来ていますし、いちいち何号かなんて覚えておれないですよ。
まあ、幸い次の号は結構北の方を通過するようでまえのよりは多少は気が楽かなと思っています。
 ということで、今日は休暇をとり、先週出来なかった農作業をまとめてやりました。
1草刈出発
まずは、先々週のやり残し、土手の田の草刈に出発です。
2草刈前
雑草の成長は素晴らしいですね。
3稲の成育
まあ、稲の成育も良いので仕方ないのですが。
4スッキリ
刈り取ってスッキリしました。
5スッキリ2
あぜ道もスッキリです。
6青空
今日は台風前とはいえ青空が見えて有りがたい事です。
7間引き完了
草引きの後は畑仕事。コチラは”業”ではありませんが、大根の間引きをしました。少々遅めかも。ちなみに間引き前はこんな状況です。
7大根間引き
間引き菜は今晩いただきます。
8間引き菜
ついでに柿をとりました。今年は成らない年なので精々これくらいですね。ちなみに昨年切りすぎたので渋柿はほとんど成っていませんでした。
9柿
大根の草取り、間引き、土寄せをしたついでに他の野菜の手入れも。
10みずな
これはミズナです。これだけあればひと冬の鍋用としては十分です。
10人参
人参も出てきています。
11ジャガイモ
秋ジャガもほぼ出ましたが約2割ほどはダメでした。
12にんにく
にんにくはとても順調です。
今日はこの後追肥と水やり、そして牛蒡の種まきをして作業終了です。
13裏庭
なかなか庭の手入れまで気が回らないのですが、裏庭は奥さんが綺麗にしてくれました。
さて、明日は稲刈り前の機械の整備を行います。

PageTop

縁あって出会えた所

平成30年7月豪雨で堰き止め湖が出現し、現在対策が進められている福知山市
の地区。
こんな所
山深い山村です。
かんばん
酒呑童子の民話が残る大江町の近く。
ほこら
7月豪雨で土砂崩壊による堰き止め湖が出現した地域のさらに上流。
夫婦滝
美しくこじんまりとした二筋の滝。
滝の看板
今日、被災直後からはじめた堰止め湖の二次災害警戒のための画像監視が4日終息するために、機材設営等の場所でお世話になった区長さんにご挨拶に伺ったのだった。                                                                                                                                                                                          

PageTop