2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

川越市散策

(これは6月中旬頃の記事です)
さいたまへ行く機会があった。
関東方面はほとんど知らないのだが、折角遠くまで来たので、近隣を散策してみようと・・・。
1.駅前
駅前にはながーい商店街があった。これを延々と東へ歩く。
2.ながーい商店街
途中に屋台蔵があった。お祭りの時に引いたり担いだりするやつ?川越のお祭りって有名なのかな?
3.屋台蔵
大正ロマン通り・・・とのこと。
4.大正ロマン通り
ここにも結構古い街並みが。
5.ここにも町並み
遠足なのかしきりに学生が多い。
6.学生が多い
学生とともに車も多い。
7.車も多い
出石にある震鼓楼に似たようなものか?「時を告げる塔」
8.時を告げる塔
駄菓子屋もたくさん。街並み保存をしているようですね。こちらには中学生が多かった。
9.駄菓子屋
駅へもどる途中にあった神社にはゆかたを着た女性が。
10.着物の女性
「喜多院」という大きな宗教施設。多分観光ポイントなのだろう。
11.喜多院
帰着した駅前の歩道橋にこちらの祭りがユネスコの無形文化遺産に登録されたとのことが表示されていた。
12.ユネスコ無形文化遺産
 折角行った場所なのだが事前調査を何もせずに行ったので今回、回った所にも素晴らしい場所や有名な物があったのだろうと思う。人生もっと余裕を持って生きねばと反省した次第。

PageTop

北陸出張(その2)

(これは7月27日の記事です)
金沢での会議が終わり・・・
鼓門
鼓門をちらりと見る。結構迫力がありますね。新幹線が延伸され、駅中も結構活気があるように見えます。
田圃の中の新幹線
帰路、金沢駅を出たあと、北陸本線の車窓からは建設中の新幹線の高架?と思わしき工事現場が見える。そう言えば福井駅の裏側に出来ていた新しい高架には越前鉄道の車輌が止まっていたけど、あれは新幹線用じゃなかったのだろうか?

PageTop

北陸方面へ

(これは7月26日の記事です)
北陸方面へ出張があった。
福井駅
金沢にある北陸総合通信局のヒアリング。
前日は福井にあるダムと堰を訪問。
3年ほど前に来た時は工事中の駅前だったが整備は完了していた。それにしても、駅舎の恐竜の壁画が凄い迫力。駅前には恐竜が3頭いました。
鳴鹿大堰
九頭竜川中流の鳴鹿大堰
真名川放流1
大野市にある真名川ダム、1970年代の終わり頃に完成。もう40歳くらい?
真名川放流2
今回は運良くゲート放流を見る事が出来ました。

PageTop

繁茂する蓮

先週末から「中干し」といって、水田の水を約10日間止めている。これは稲の根の張り方を強くするための行為。
稲の成育
稲の成長は順調です。もう上からだと水面が見えないくらいに大きくなりました。
蓮
同時に大きくなってきたのがこれ。水田の一部に休耕対策として植えた蓮がどんどん繁茂してきている。このままだと、水田全体が蓮根畑に成ってしまいそうな勢いなのだ。ということで、土曜日には不要な蓮の葉を全て取り去った。結構な労働でした。
水路工事
売却した水田の端の道路工事が進んでいる。農業用水路に橋を架けて対岸に道を渡すのだが、水路庸壁の裏側に基礎が出来つつあった。
水路工事2
水路の向こう側は造成されて宅地になる予定。さらに向こうはJR日岡駅なのだが、いよいよこのエリアも水田が無くなってきた。

PageTop

韮山反射炉

(これは7月16日の記事です)
八千穂高原で泊まった翌日は伊豆方面へ。
静岡県伊豆の国市にある、一昨年、世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」のひとつ、韮山反射炉を見に行った。
8.看板
反射炉とは銑鉄を溶かし、炭素濃度を低減させて大砲の鋳造に適した鉄にして鋳型に流し込む溶鉱炉。
9.反射炉1
なぜ”反射炉”とよぶかというと、石炭などの燃料を燃焼させて、その炎や熱を炉の天井で反射させ、1点に集中させることにより千数百度の高温を実現し、銑鉄を溶かす炉とのこと。
10.反射炉2
煙突は耐火煉瓦で出来ており、煙突の周囲の鋼材のトラスは後年、崩落を防ぐために設置されたもの。
11.大砲
この炉ではこんな大砲が鋳造されていたとのことで、江戸幕府末期に列強諸国に対向するための軍事力の強化がその背景となっている。

PageTop