FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

新しい道

近所に新しい道が出来つつある。
ピア
JR加古川線を越す橋の脚部が出来ている。
看板
加古川市道のようですね。
空間
この地域には東西を結ぶ広い道が無いからねー。

PageTop

カメレオンでお試しウォーキング

来週はじめに出発する四国遍路ステージ2に向けて、先日買ったメレルのカメレオンを試して見た。
コースはご近所を10キロほど。
1新井緑道
まずは新井(しんゆ)用水路沿いにある新井緑道を歩きます。
2看板
加古川の河岸段丘に沿って掘られた農業用水路です。
木漏れ日の中を歩くのはなかなか気持ちが良い。
3木漏れ日
これは灌漑エリアの説明板。結構広いエリアです。
4説明板
河岸段丘ですから結構見晴らしが良い。遠くに見えるのは加古川中央ジャンクション。加古川バイパスと東播磨南北道路との接続部。
5田舎
緑は豊かですね。
その後、おなじみ水管橋を渡り加古川右岸へ。
6水管端
カメレオンはなかなか快適です。
7カメレオン
水管橋を渡ってから上流方向へ。
そして工業用水のため池である平荘湖へ登って行く。白い藤がまだ残っています。
8藤の花
これが平荘湖。結構広い工業用水のため池です。
9平荘湖
湖岸は一周出来るのですが、今回はタッチのみ。帰途に入ります。
池尻橋で加古川を渡り、再び左岸へ。2両編成の加古川線が来ました。
10加古川線
用水路や樋門などを見回り、帰宅。
カメレオンのソールは小石を咬み安い。
11石
 それから以前、Yさんより指摘のあった、濡れた場所ではすべり安いというのも今回試してみたら確かに持っている他の靴に比べて若干すべりやすいのではないかと思った次第。まあ、まだ靴底が馴染んでいないのでこれからかな・・・と。

PageTop

花見

明日から四国へ”歩き遍路”に行く。
練習をかねて、ザックを背負って近所の公園まで行った。
大通り入り口
日岡山公園は桜でそれなりに有名な所のようで、今回は花見も兼ねての歩きだ。
入ったとこ
まあ、花見といえば、サクラの花の下で茣蓙を広げてお酒を嗜むのが一般的かと思うが、残念ながら今日は通過のみです。
結構な人出
沿道にはお店が並び、結構な人出である。
BBQ
大通りから少し離れると、皆さんBBQなんかを楽しまれている。
展望台から
山の上から見ると結構華やかです。
お気に入り
これは私のお気に入りの木。公園の大通りから少し離れたテニスコートの横にあるが、なかなか立派なのです。
満開
正に今、満開状態。
近寄って
見るのなら、今日、明日くらいかも。
夜も沿道や公園内にはぼんぼりが点いています。昼より人が多いかも知れません。
最寄り駅はJR加古川線の一駅目「日岡」駅です。

PageTop

こんなのをいただきました

 先日、高砂市の工楽松右衛門旧宅へ行った時、受付の方からこんなのをいただきました。
おもて
 マンホールカードというのだそうです。下水道のマンホールにはその地の名勝とか歴史を着色で美しく描かれたものが多い。
このカードは高砂のイメージ「白砂青松」を描いたものとのことで、工楽松右衛門旧宅周辺にあるとのこと。カードには緯度・経度やQRコード、デザインの由来の他に、3つのナンバーと3つのマークが入っている(緯度・経度の右)何を表しているのかわからないけど、マニアになってしまうとこの辺りにも拘るのだろうな・・・・と思いました。
うら
 このカードも恐らく収集癖のあるマニアにとっては興味の対象になるのでしょう。その昔からプロ野球選手や仮面ライダーなど、夥しい種類のカードが出現しては消えていっていますが、日本人って本当にカード好きなんでしょうね。
(そう言えば永谷園のお茶漬けのおまけ、東海道五十三次の絵が復活したようですね)

PageTop

 工楽松右衛門に出会えた!

(これは3月5日の記事です)
前の記事で少し紹介しましたが、散歩の途中でかの松右衛門帆で有名な工楽松右衛門の家を発見しました。
何故、私が工楽さんを知っているかというと、かの蝦夷地への航路を開いた淡路島出身の海運業、高田屋嘉兵衛、彼を題材に書かれた司馬遼太郎の小説「菜の花の沖」に”松右衛門帆”の開発者として出てくるのだ。
A工楽家
工楽家はかつての北前船などの帆を開発して財をなした。
B船板塀
屋敷の外壁には船板が使用されているが、これは火事防止のまじないもあるようだ。
Cビデオ
松右衛門は帆布以外にも岩を運ぶ船や各種の漁具なども考案した発明家であった。
「人は社会の役にたたないでボーッと暮らしているとその辺の獣より劣る」なんてまるでチコちゃんのような厳しいポリシーをお持ちであったようだ。
D吹き抜け
この屋敷は多くの部分が吹き抜けになっており随分贅沢な造りである。
E和室
こちらは続きの和室である。
Fおくどさん
大きな四連のおくどさん。
G井戸
地元で産出する竜山石で造った井戸枠や石畳。
H帆布
そしてこれが”松右衛門帆”になる帆布である。太い木綿糸で広い面積を織っているのが特徴で、丈夫で軽く、濡れても乾くのが早かったため、一時は国内の大半の帆船の帆として採用されたという。
I庭
昔は優雅であったろう庭跡。
J発明品
こちらは松右衛門の発明品の解説である。
K幟
この工楽家界隈は「北前船寄港地船主集落」として日本遺産に認定されている。
L松右衛門
また、近くの高砂神社の境内には松右衛門の銅像がある。松右衛門の指さす方向には一体何があるのだろう。

PageTop