FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

元伊勢神社

(これは7月20日の記事です。)
夏風邪をひいたようで、もう10日以上咳と鼻水が止まらない。
先日はかかりつけの病院へ行って薬を処方してもらいようやく少しはましになってきた。
福知山で単身赴任しているとこんな時は少々辛い。
なんにもしたくないのだが、しなければ食事も食べられない。

風邪をひく前に前回の地震当番の時に行ったご近所の観光地を紹介します。
潜水橋
今住んでいる福知山市前田から府道を北へ。
わが社の無線中継所がある烏ヶ岳の東を回り、
由良川にかかる潜水橋を渡ると国道175号へ・・・
外宮
旧大江町(現在は福知山市)に元伊勢外宮と言われる豊受神社がある。
参社札
古びた神社でなかなか雰囲気がよい。ただ、この日照り!とても暑い。
巨木1
歴史の古さを証明するように境内には巨木がある。
巨木1-1
とても巨大な杉の木である。
看板には樹齢1500年とある。
1500年間周囲の変化を見てきたんだろうなと思うとこの樹木自体に霊験を感じる。
恐らく周囲にある神社の建物はこの巨木よりも若いものばかりなんだろう。
ここに神社を建てる以前からこの樹はずっとここにあったのだろう。
元伊勢への路
外宮から少し北へ車を走らせると府道際に駐車場があり、内宮の看板がある。
そこで車を止めたのが間違いの元だった。
内宮と呼ばれる神社はそこからずいぶん歩かねばならなかったからだ。
お茶のペットボトルを片手に、かんかん照りの昼下がりにアスファルトの参道を歩く。
はっきり言って自殺行為ですね。
こんなバカな事をしている人は自分のほかには当然誰もいませんでした。
案内図
ようやく内宮の看板と境内下の(直近の!)駐車場が見えてきた。
(ここまで車で来ればよかった)しかしこの看板、なかなか趣がある。
何がって?下の方にスポンサーの宣伝が入っているでしょ。
丹後縮緬の帯の宣伝ですよ。その昔はこのあたりからも多くの縮緬が京都西陣まで運ばれたのでしょう。
丹後和紙も有名ですね。黒谷でしたっけ、和紙の産地です。
右下のお酒の宣伝はあまりいただけませんね。
”とりかぶと”飲むと死んじゃうでしょう。

巨木
こちらの境内にも巨木が・・・。
こちらは3本あったようですが、1本は根元から切られて新たな苗が植えられていました。
内宮
内宮は外宮よりは少し華やか?でした。規模も大きかった。
あんまり信心は無いのだけれど、とりあえず参拝し、境内を奥へ。
”天岩戸神社”というのがその奥にあるらしい。
途中、子供連れの若夫婦が同じ方向へ歩いていた、しかし森の中とはいえ暑いので途中で引き返していった。
岩戸山
しばらく歩くと森の小路の一部が開け、向こうには美しい円錐形の山が・・・。
ホントにとても美しい姿である。
天の岩戸
さらに歩いてゆくと、道は急な下りになる。
そのまま延々と谷底まで続く道なのです。
そう、天の岩戸神社は谷川の斜面にあるのです。
見た目は、島根県だかにある”三徳山投入堂”の雰囲気。
きっとどちらかが真似ているんだろう。
水力発電
さて、そこからは元の内宮へは戻らず、直接入り口の駐車場へ。
山道を歩いていると、水圧鉄管があり、谷を見ると、こじんまりした発電所があった。
発電機
発電所の前には古い水力発電機が展示してあるのが見える。
暑くなければ見に行くのだが今日はパス。
美しい水田や、集落の風景を楽しみつつ無事に駐車場まで降りてきたのでした。
巨大な鬼瓦
さて、本日の最後の目的地、大江山の鬼の博物館です。
大江山というと、”酒呑童子”の民話で有名な場所ですよね。
この鬼で地域起こしをするべく作られた(のかどうかは知らないが・・・)”日本の鬼博物館”です。
入り口には巨大な鬼瓦が展示されている。
日本の各地の有名な瓦屋さんが協力して焼いたとのこと。
ホントに巨大な鬼瓦なのです。
鬼達
ちなみにかわいらしい赤鬼や青鬼も出迎えてくれます。
この近辺は二瀬渓谷と言って、多くの家族連れが谷川で水遊びをしていました。
涼しそうでしたね。
鉱山跡
帰り際に道端で高山跡を発見。実はこの大江山付近はかつてニッケルなどの鉱山があったことは知っていて、いつか訪れてみたいと思っていた場所なのでした。
鉱山看板
日本の産業遺産というものは、別に世界遺産にならなくても、結構自分では興味があり、(あ、実は博物館大好き人間なのですよ)今までも結構マイナーな場所を探索しているのです。
 説明看板を読みながら、かつて、はなやかなりし頃の事を夢想するのは私のひそかな楽しみでもあるのです。

 なにかと、中途半端な制約のある、今回のような日が月に1回はめぐってきます。制度化への努力を怠り、従業員に犠牲を強いるこのようなやり方にはとにかく憤りを感じます。人それぞれの”思い”にもよりますが、生きるために仕事はしますが、仕事のために生きているわけでは決してありません。今所属する職場がもっと”大人”になるよう切に願っているのです。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

神主の孫で~~す(本当ですから)。
 この様な荘厳な感じのする神社は羨ましいですね。
実家たる神社は結構な由緒歴史の割りにはかわいそうな位狭く相当昔は広大な敷地だったと聞いてますがドンドン削られ今じゃ見る影も無く。
 つい先日も出張で仙台に行って帰り道のついでに仙台市内を巡って参りまして幾つかの神社にもお参りしましたけど何れも深い森に囲まれ神々しい事夥しく。

>発電所の前には古い水力発電機が展示してある
 はははは♪期せずして似た様な所に行ってますね。
 仙台市内には「日本初の水力発電所」なる所が有りお伺いしてまいりました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B1%85%E6%B2%A2%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80
 三居沢発電所でございましていまだ現役らしいのですがね、博物館におられた元社員らしきボランティアさんと1時間位おしゃべりしてて判った事は??
 「嘘では無いけど本当では無い」と言う事実。
この類の話は類例数多でして調べて行くと面白いですよ。
 例えば「世界初の電子レンジを作った会社は」で調べるとナント二社存在するのですよ~。
しかも何れも元我社なんで悩ましいですがね・・・・何れも「嘘では無いけど本当でも無い」の話です。
 でわ!

うんちく | URL | 2015年08月02日(Sun)22:46 [EDIT]


うんちくさん
そうでしたね。神主の末裔ってのは以前お聞きしていました。神に仕える身だったんですね。私は若い巫女さんに仕えたい・・・ナンチャッテ。
発電所は内宮発電所というのだそうで、けっこう小ぶりな水車です。恐らくペルトン型かと。こんなトコまで来て、マニアックなものです。(苦笑)
仙台っていいですね。私も二度行きました。一度は震災後の応援でしたが。最近不自由な生活をしているせいか、もうサラリーマン生活から離れたいと最近よく思うようになりました。22歳から35年、もう社会には十分お返しできたのかな・・・と。
からだが動くうちに今まで制約してきた事をしないと人生に悔いがのこるのでは・・と思うようになってきました。

四方山果無 | URL | 2015年08月03日(Mon)19:43 [EDIT]