FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

映画 小さいおうち

 第143回直木賞を受賞した中島京子さんの小説の映画化。
ストーリとしては現代と過去では二つの回想場面が交互に出てくる。場面は主人公タキ(倍賞千恵子)が孤独死をし、その葬儀から始まる。
 孤独死を発見したのはタキの大甥、健史(妻夫木聡)であった。葬儀の後、遺品整理に親族が入った時、健史は一冊のノートを見つける。
200.jpg

 そのノートは、健史が親しくしていた叔母タキに勧めた“自叙伝”を綴ったものであった。健史はそのノートを持ち帰り、これを書いていた当時のタキとの語らいを思い出していた。
 タキは生涯独身を通した。戦前、山形県の米沢で生まれ、昭和11年、若き日のタキ(黒木華)は東京のさる玩具会社の常務の家に女中として奉公した。その家は東京の郊外にあり赤い三角屋根の可愛らしい“小さなおうち”であった。タキにもひとつの部屋が与えられ、タキはずっとそこに住みたいと思っていた。女中というのは当時はごく当たり前の職業で、花嫁修業の一つとも言われていた時代である。
 この家には主人の雅樹(片岡孝太郎)と美しい妻・時子(松たか子)、二人の間に生まれた男の子が暮らしていた。
 当時日本は中国への侵略を押し進め、やがて太平洋戦争が始まり、戦局は悪化してゆく。そんな中、その玩具メーカーに入社した若き社員、板倉(吉岡秀隆)に時子の心が揺れ、ある嵐の夜の接吻以来、二人は何度も逢瀬を重ねるようになる。
 当時は“姦通罪”と言う法律もあり、出入りの酒屋から聞く世間のうわさ話などにタキは心を痛めていた。
 やがて板倉に召集令状(赤紙)が来た時、会いに行こうとした時子に対して、タキはある行動をとる。その行動は後々タキの心に大きな荷物として残る事となる。
 遺品のノートと共に出てきた未開封の手紙、そして書店で見たある個展のポスターから長い間封印されていた物語はまた流れ出す。健史が開封したタキの持っていた未開封の手紙にははたして何が・・・。
 監督は山田洋次、2012年11月映画化。米倉斉加年、室井滋、中島朋子等の有名俳優が多数出演している。また、セットは昭和モダンの建築様式を徹底再現したものとのことであり、私にとっては居間や台所の風景が子供の頃見たことのある風景でもありとても懐かしかった

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する