FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

多少は休暇も楽しまねば♪

 連休はいい天気が続き、絶好の農作業日和でした。毎年恒例の種まきも息子やその友人達の協力により無事に完了し、畑の手入れに実家の庭の草引き、洗車までし、ついでに溜まっていたブログネタも全て吐き出しましたが、世間は絶好の行楽シーズン。少しは行楽もしないと・・・と思い、近所の須磨離宮公園へ出かけてみました。
 1.新緑
 5月は本当に新緑が美しい。ここ、須磨離宮公園は隣に植物園があり、四季折々の花が楽しめる。今の時期はボタンが終わりかけ、菖蒲はまだで、ツツジが盛りでバラが咲きかけという状況でした。こちらのバラ園は有名らしく、園内には180種類のバラがある。これから6月終わりまでが見頃とのこと。
2.全域 3.草花 4.黄色い1 5.園内1
バラのはなしが続くが、園内のバラは”モダンローズ”と言われる春、と秋両方の季節で楽しめるものが4000株もあるとのこと。
6.赤いバラ
公園は本園と植物園があるがそのどちらにも多くのバラが栽培されている。
7.園内2 8.白色 9.庭園
こちらは、かの有名な”アンネのバラ”ユダヤ人の強制収容所で殺された、かのアンネ・フランクを偲んで品種改良されたものとのこと。微妙なグラデーションがとても美しい。
10.アンネのバラ
11.アンネのバラの看板
植物園には温室もある。藤の時期はすでに終わりかけなのだが、植物園の入り口の藤はまさに今が見頃です。
12.温室もある
温室の中には各種、南方の花が咲いているのだが、一足先に多くのアジサイも楽しめる。
13.温室の中 14.温室の美しい花 15.あじさい1 17.コンペイトウ1
アジサイの中でも特に目を引いたのはこの”コンペイトウ”という種類。ガクアジサイの一種で品種改良されたもののようで素晴らしい色合いと姿です。
16.コンペイトウ2
ここ須磨離宮公園は”月見山”という地名の所にある。在原業平の兄、行平が月見をした場所と言うことで石碑がある。また、須磨浦の名月を偲んで、紫式部が源氏物語の一節を書いている。
18.石碑 19.潮見台 20.案内看板
その月見の場所からはのどかな春の須磨の海が見えていた。
21.明石海峡
これからの季節、バラが見頃になります。また、花菖蒲やアジサイも咲きはじめるでしょう。レストランや売店もあり、山中にはフィールドアスレチックや散策コースもあります。ゆっくりと一日楽しめる場所だと思いますよ。(入園料:大人400円、駐車場:500円)
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する