FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

日立のフルトラ修理

 あ、自分の車のじゃないのですが、旧車を修理している知り合いの方から預かったものです。117クーペハンドメイドECのやつだそうです。配線間違いをして動かなくなってしまったようです。
1.パッケージ 2.基板
 デストリビューター内のコンタクトポイントの代わりに何らかのセンサを仕込んで、点火タイミングを取り出し、トランジスタのスイッチング回路で、点火コイルの一時側の電圧を断続するという機能。
3.内部
 やっている作業はごく単純なことだから、早速バラックで動作確認をする。
4.バラックで動作試験 5.動作がヘン
ピックアップの代わりに蓄電池をつないだり離したりしながら、大きなトランジスタのコレクターエミッタ間が導通したり、絶縁したりすれば良い、でも、何だかヘン。蓄電池を離した時に導通、つなぐと一定の抵抗値がでる。トランジスタを外してテスターで当たるとコレクターエミッタ間はショート状態。
6.トランジスタ交換
手持ちの古いパワートランジスタと交換し、再度試験すると今度は正常な動作となった。トランジスタの定格がわからないけど、ま、高々12ボルトの断続だから大丈夫でしょう。”修理完了”これでまたお役に立てる事でしょう。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

マメな四方山さん
>早速バラックで動作確認をする
 この辺は性格マルダシでね、ワタシなら「多分この辺が壊れるやろ」で適当に部品抜いて検査してオシマイだろうな。

>トランジスタの定格がわからない
 ですね、コレクタ損失と耐圧さえ適合すれば何でもOKでしょう、この辺は高周波回路と違い気楽ですよね、しかしよくそんな物手持ちが有りましたね。(捨てテレビとか拾い集めてません?)

うんちく | URL | 2014年09月22日(Mon)08:32 [EDIT]


うんちくさん
>捨てテレビとか拾い集めてません?
はは、その昔はやってました。今でも当時の真空管やトランスが・・・しかし、今はもうノスタルジックな世界に浸る材料にしかなりません。
壊れたコンポやパソコンの電源部などはとって置いたので、先日は緊急時対応でそれらから電解コンデンサを外して使ったりしましたが、基板からハンダ付けされた素子を外すのに合理的な方法はありませんかね?

四方山果無 | URL | 2014年09月22日(Mon)10:52 [EDIT]


余計なことを言うもんですから,余計な仕事?増えてすいましぇん.まあこのぐらいは四方山さんには赤子の手をひねるようなものですね

mdiでお世話になってます | URL | 2014年10月03日(Fri)18:04 [EDIT]