FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

思い出の関空が開港20周年

(この記事は9月4日のものです)
 今日で開港20周年。実はその昔、出向で在職していた職場なのですが、とても思い出深い職場なのです。
1.ラピート 2.キップ
久しぶりの訪問です。実は今まで一度も乗った事がなかった、南海電車のラピートで行く事にする。かつて、在職中は毎日三ノ宮駅から空港バスで通勤していたのでした。
3.関空1 4.関空2 5.関空3
 本日の予定は空港の新しい施設の見学会があり、その後セレモニーです。集合時間の前に懐かしい関空を少し歩きました。

 功労者と言われてもピンとこないのはしょうがないけれども、ETC設備の増設や二期島への連絡道の受変電、連絡橋の照明改修、航路灯の改修、更には作業車輌の更新など、結構実務的な仕事をさせてもらった職場なので思い出深いのです。当時の社長であった松下電器の副社長、M氏は決裁を取りに行ったとき意外といいやつだなと思ったりして。今日も来ていたが、いい挨拶をされていた。週末には国土交通大臣も来るらしいが、20周年の今日、このような催しを開催してくれた現職の方々に感謝したい。
ご無沙汰していた子会社のMさんにも会うことができて嬉しかった。博物館好きの彼は相変わらず真面目であり、仕事に対する情熱は素晴らしい。先々、後輩をうまく育ててほしい。
今、関空からの帰途に就いている。行きは天下茶屋から初めてラピートに乘った。帰りは現職当時日常的に使用している空港バスの三ノ宮行きにした。当時、毎日見ていた風景を是非ともまた見たかったのだ。プロビーム照明は健全であった。 本日、セレモニーで会うことができたのは、当時の社長、H施設部長、道路・連絡橋グループのF氏、N氏、K氏(KARD)、遠くからN氏くらいであった。でも皆さんに会えて懐かしかった。
11.空港バス
セレモニーは恐らく300人以上来られていたのだろう。ホテル日航の一番広い会議場だと思われる(鶴の間)が一杯であり、動くのも大変だ。副社長の挨拶があり、前の社長のMさんが挨拶をし、会長の某が乾杯の音頭をとって祝賀会が始まった。料理を取りに行くのも大変だったので、小一時間で引き上げる。このあと在職当時一緒に仕事をしていた子会社のMさんと会う約束をしていたこともある。
書き漏らしていたが、セレモニーの前に関空島内の見学会があった。空港バス6台で参加者は約250名。新しく出来た二期島のメガソーラー、国際貨物エリア、二期島の第2ターミナルを見た。第2ターミナルは格安航空会社ピーチアビエーションの専用のような状態であるが結構賑わっていた。第一ターミナルに比べるとずいぶん質素な、まるで倉庫のような建物で、行き先案内板も大型ディスプレイ2面のみだった。パッセンジャーボーディングブリッジも無く、タラップ車による乗り降り、飛行機は斜め侵入、自走タキシングでタクシーウェイに出ていくため、トーイングカーも不要という。超合理化、敢えて言えば原始的な姿であった。ま、こんな積み重ねが格安航空券を実現させるのだろう。
6.第2ターミナル1 7.第二ターミナル2 8.第2ターミナル3
9.無料連絡バス 12.第一ターミナル方向
メガソーラーは関空島の全消費電力の7パーセントを供給するという。将来は10パーセントを目指しているとのこと。二期島南側の滑走路の一期島側に設置されている。ここは元々第二ターミナル予定地だった所だ。アメリカの貨物輸送会社であるフェデックスが関空に荷捌き場を確保した。関空としては大口の顧客なのだろう。荷捌き場は風が吹き付けるため、風避けフェンスを作ったとのこと。
関空の空港島内の計画は随分変遷したようだが、発展方向に向かってはいるようだ。
10.more KIX

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

対米通信

お金も肩書きも大事ですけどやっぱ仕事の楽しみは「残る」ですよね。
 地図に残る、人々の記憶に残る云々。
空港等地図に残る仕事は判り易くて満足度も高いので羨ましい限り。
 私の場合は光海底ケーブルで太平洋横断に国内周回にアジア周回ケーブル、特に太平洋横断は完成以降対米の通信速度が劇的に速くなりました。
 ただねぇ、折角苦労して建設したそんな光ケーブルを通じてあんな(どんな?)サイトを見てる奴が居るのは許せない!と怒りつつ自分も見てたりしてね(自爆)。

うんちく | URL | 2014年09月12日(Fri)04:25 [EDIT]


うんちくさん
>やっぱ仕事の楽しみは「残る」ですよね。
そうですね。後世に残るような仕事をしたいものです。
しかし電気通信の分野は対象物の寿命が短く、あとにモノとして残るのは非常に少ないですね。でも、その時その時には必要な施設であり、設備であり重要なものなのですがね。
 太平洋横断光ケーブルの敷設、すばらしい事業に携わられましたね。うらやましいです。私は煩悩と欲が深いので、死ぬまでには何かを残そうとひそかに思っているのですが、結局は莫大な借金だけが残ったりして・・・。

四方山果無 | URL | 2014年09月13日(Sat)07:23 [EDIT]