FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

念願の山形旅行(その11)月山ダム

 (これは8月27日の記事です)念願の中連寺にも再度行く事が出来、更に帰りに大網の大日坊にも寄った。そしてここも、初日の予定が最終日になってしまったが、寄ることが出来た。
110.ダム上流より 101.月山ダム

 月山ダムは自分が奈良県吉野郡の山奥で同じ様な仕事をしていたころ、前後して完成したダムであった。私の携わった方は完成半年で地滑りが発生し、工事に逆戻りしたが、こちらの方は順調で、技術報などに管理設備の紹介記事などが出ていた事を覚えている。
 ごらんのとおり、下流側から見ると、月をイメージした美しいフォルムの堤体である。
111.damu karyuuyori 
 ここにはインフォメーションセンターがあり、ダムの内部を見学させてくれる。日頃はあんまり見ることの無いダム内部です。見てきました。
107.堤頂 108.ダム湖 104.監査廊 105.コンジットゲート
月山ダムのシンボルが二つあります。一つはコンジットゲート用油圧シリンダの塗装色。紫色なのです。山形県特産のベニバナの色を表現したとか。恐らく全国でもここだけの色でしょう。そしてもうひとつ、右にあるのは”月の女神”像です。言われは知りません。
106.油圧シリンダ 103.月の女神
最後になりましたが、インフォメーションセンターにダム周辺の地形模型がありました。注連寺周辺を見ると、土砂が谷に崩れて出てきている、地滑り地域であることがわかるような地形ですね。
102.地形の模型
 そしてこれが本当に最後の1枚ですが、”ダムカード”です。多くのダムで作成されており、蒐集癖のある人の気持ちをくすぐることにより、ダムに対する社会の厳しい目を少しでもやわらげよう・・・・?という意図がこもっているかどうか分かりませんが、何年か前より突然作り始めました。平日の昼間(つまり職員が居る時)に管理所へ行って「ダムカードください」と言うと貰えます。興味のある方は集めてみてください。国交省、農林省、県、電力会社、水機構、電発など、ダムを持っている所はたいがい作っているようです。
109.ダムカード

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する