FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

しろかき

”しろかき”とはあらかじめ荒起こししておいた水田に水を張り、かき回すことにより、稲の苗を植えやすくすること・・・・だと認識しているが、昨今はトラクタで荒起こしを行うので、どうしても土が一定の場所に寄ってしまい、水田が平坦でなくなってしまうのだ。(自分のトラクタ操作技術が未熟だからそうなるかも知れないのだが)そのため、以前書いた記事のように、水田の四隅に溜まった土を低く成っている所にスコップで移動させているのだ。しかし、これが一番大変な作業なのです。そこで、最近はしろかきの時、土が軟らかくなっているので、トラクタの後ろに付ける”均し板”(と呼ぶのかどうか知らないが、要するに”しろかき”の時に、かき混ぜた土を平坦に均すための鉄板です。これを利用して、高い所の土を低いところまで引っ張ってくるようにしている。多少は時間がかかるが、人力でやるよりは遙かに楽なのである。
1.代かき前 2.代かき完了
水田の一部を”苗代”(苗を作るための苗床)にしているので、”しろかき”が済んだ水田に移して、その苗代も”しろかき”をする必要がある。ま、無駄な労力であるが、農業は目に見えない作業が沢山あるのだ。
3.苗取り1 4.苗取り2
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

近所の方から聞いたのですが、ロータリーが逆回転するトラクターなら隅に寄った土を引っ張れるそうです。
僕は田んぼはやったことないですが。
そういえば先日、ぬかるんだ田んぼでトラクタをはめて
しまってボウーゼンとしている人がいました。
あれはどうやって出すのかな?

kanican | URL | 2014年06月16日(Mon)01:14 [EDIT]


kanicanさん
残念ながらうちのトラクターは逆回転出来ません。だから、ロータリーの後方に土を押し出すため、水田の端っこが高くなってしまうのですが、出だしをゆっくりとするとそうは成らないと言われるのですが、なかなかそうは行かないのですよ。
>ぬかるんだ田んぼでトラクタをはめて・・・・
私も11日に振り替え休日で”代掻き”していた時にトラクタを屋敷に上げようとしたら、ラダー(歩み板)が後輪とロータリーの間に挟まってしまい、大汗をかきました。トラクターの扱いは慎重にしなければ怪我しそうです。
・・・しかし、泥田に潜り込んでしまったトラクタを救助するには陸上からワイヤーで引っ張るか、もっと大きなトラクターを持って来て牽引するしか無いでしょうね。

四方山果無 | URL | 2014年06月16日(Mon)23:31 [EDIT]