FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

書評「レインツリーの国」(有川 浩)

 『フェアリーゲーム』という架空の小説、その結末のあり方についてのメールのやり取りから始まる小説。いかにも現代風(でもないか?)そしてそれは書き言葉ではなく話し言葉で、そしてさらに関西弁で。作者の有川浩さんも確か関西出身だったか?私たち関西の人間にとってはとてもよくニュアンスが伝わるのだが、関西圏以外の地域の方の感じ方が興味をそそる。


レインツリーの国

 小説は全部で5章の構成であるが各々の章の表題(というのかどうか・・・)もなかなか意味深でどんな内容なんだろうと興味を引く。しかし、この小説の中身を紹介するのはなかなか難しい。少しでも披露すると小説の内容自体に先入観を持たれてしまうかも知れないのであまり紹介出来ないのだが、ストーリーは男女の出会いである。訳があってのヒロインと主人公のぎごちないふれあいがなかなか気を揉ませる。

 繰り返しになるが、この小説の中での会話ややりとりするメールはすべて関西弁である。関西弁の持つねちっこさやくどさもあるが、関西弁ネイティブスピーカーの私にとってはとても親しみやすく優しい。また、関西弁での女性の口説き方も勉強になる。

 有川 浩さんのこの小説はごく日常にある普通の世界だ。でもそのような何気ない暮らしや出来事、人々のふれあいがこんなに感動を呼ぶものかとあらためて知らされる。彼女はなんて文章を書くのがうまいんだろう。(作家だから当然か。)阪急電車や自衛隊三部作、シアターなどでも同じだが、作中に出てくる多くの人物がとてもかわいらしくて魅力的なのだ。其れを思うと自分の生活はなんて味気ない世界なのだろうかと思ってしまう。しかしそれは周りに原因があるのではなく自分自身のかかわり方に問題があるのだろうと納得するのである。(要するにいろんな出来事に対して鈍感なのです。)

 自分の生活はさておいて、物語の中では主人公やヒロインは自分の行った、もしくは発した一つ一つの行動や言葉に対して、自分の中の第三者が色々と聞いてくる、「それでいいのか?」と、そしてそれにまた自分が反論を加えている。要するに逡巡する場面が非常に多い。で、その真面目な思考を丁寧に現すことにより登場人物のキャラクターが際だち、読者は登場人物が好きになってしまう。作者に“はめられた”と思う瞬間である。


 「ひとみは短くした髪をかき上げた。・・・それはささやかな仕草だったが、・・・世界に少しだけ何かを主張してやれたような気になれた。」

 実はここ、一番大切な部分なのですね。思わず感涙にむせいでしまいました。

 

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する