FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

ロワ・アームの清掃

 いすゞ117クーペは製造終了が1981年でしたので、一番新しいものでも、既に32歳になっています。(32歳なんて若い若い!と思うのは私がその1.7倍も歳をとっているからでしょうが)で、足回りのブッシュ類は相当にヘタっている。乗っている方はずっと乗っているので、そのヘタりに気づかない・・・というようなお話を明石市にある”ワイズ”というレーシング関係のショップのTさんが仰っていました。  ということで、オーナーズクラブで解体した、117クーペのロワアームをオーバーホールし、ブッシュを付け替えて次々に回して行くことにより効率的にフロントサスのリニューアルが出来るとの提案があり、1セットのクリーニングをしたわけです。
2.スクレーパー
 最初は全てサンドブラストをかけようとしていたのですが、我が家のサンドブラストはタンク付きのガンであり、一回充填すると、5センチ四方くらいしかブラストがかかりません。あまりの効率の悪さに閉口して、いつもの作業手順である、まず、スクレーパーで削り、次にカップワイヤーブラシでこすり、最後に細部をサンドブラストするという手順で行いました。
3.ワイヤーブラシ 4.サンドブラスト 5.完成前後
 で、とりあえず完了した姿です。まあ、それなりには綺麗になりました。
6.完成
しかし、細部にはまだ一部塗装がのこっているのです。サンドブラストのすばらしさに開眼して、キャビネットは作ったものの、なかなかノウハウの無い素人のこと、うまく使えるものにはなっていないのです。例えば、底部分の傾斜が緩くてメディアがうまく落下しないとか、手を突っ込む位置が下すぎて、キャビネットにアゴを載せて使わねばならないとか(使っている姿を想像すると笑えますよ)、落下式なので、連続使用ができなくてもどかしいとか・・・でも、こんな問題解決は定年後の楽しみに置いておこうとも思ったりします。なにせ、6000円(ガンの代金)ほどで(あとは全て手作り)サンドブラストが手にはいったのですから。
7.細部 8.細部2
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

フルクラムピンのブッシュとブーツ交換は頭が痛いですね、流石にここを自前交換しようと言う気は全く有りません。
 とは言え某プロに聞いたら正に天文学的工賃で部品だけは入手したものの物置に放置したままです。
 
>サンドブラストはタンク付きのガン
 例の落下式ですかね?ウチはスポットブラスターを入手しましたが漏れ出るメディアで喉をやられ懲りてしまい使ってません。
 そもそも1馬力程度のコンプじゃブラストは無理なのでは?近頃は専らサンエスK1の湯にお浸かり戴いた後ブタントーチで火炙り+スクライバーで削りそれでも取れないのはホィールブラシ、更に錆はサンポールの刑で片付けます。
 段々雑になってますなやることが(自省)。
 

うんちく | URL | 2013年12月02日(Mon)20:03 [EDIT]


うんちくさん
 フルクラムピンの取り外しが大変なようですね。足回りはすべてバラす必要もありますし、高いものになると思います。
 サンドブラストは2馬力ほどのコンプレッサーで吹いていますが、連続使用は可能です。しかしながら、小さいタンクに何度もメディアを入れなければならないのがとても面倒くさいです。
 剥離作業は持てるあらゆる技術と道具を使って合理的にやるのが正解ですよね。

四方山果無 | URL | 2013年12月05日(Thu)05:30 [EDIT]