FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

「風たちぬ」(スタジオジブリ)

 風たちぬ、いざ生きめやも。堀辰雄が同名の小説で引用した外国の詞のフレイズ。彼のその小説と、戦時中、戦闘機の設計を行った堀越二郎の人生を重ね合わせたストーリー。登場人物は実在の者もいるが、基本的にはフィクションだ。

風たちぬ

率直に言って、それなりだと思う。訴えたいモノが強く出ていないような気がする。堀辰雄や、堀越次郎や零戦が好きな自分はまだ良い。それなりに楽しめたアニメであった、しかし、予備知識の無い人が初めて見た時はどう評価されるであろうか。
さて、ストーリー全体から押し出すものは脆弱だけれど、個々の場面で感動させる所はあった。ひとつは、堀越と菜穂子が結婚する場面だ。ここでは上司の課長が素晴らしい役割を果たす。嫁入りの時の素晴らしい口上をのべるのだ。あの口上は、どこかの地域のものなのだろうか?
そして、物語全体を通じて共感と羨望を覚えることがあった。それは、主人公が好きな飛行機の設計を思いっきりしているということだ。子供の時に夢を持ち、東京帝国大学で専門の勉強をし、三菱重工で国産初のオールメタルの高性能機を試作する。それは最高の人生であると思う。
その当時は、第二次世界対戦前夜であった。作ろうとしている飛行機は人を殺すための道具である。映画のなかでは、堀越は同僚に、何の目的に使われようと、俺たちは素晴らしい飛行機を作ることが使命だ。その後のことは知らない。というような会話をする。これは宮崎駿の言い訳か?背景となる時代が悪かったことは確かだ。しかし、彼が堀越次郎に言わせた言葉は、少し考えさせられる部分がある。
最後にこの映画から自分が得たものは、どのような時代背景であれ、境遇であれ、人が人として生きていく上での大切な部分はおんなじだと言うこと。要するに、男女は愛し合うものである。
そしてもうひとつ、夢を追い、その実現に向かって努力することの大切さである。このふたつの観点から見てみると、この映画は決して捨てたもんじゃないと思った。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する