FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

10年ぶりの引っ越し

 1ヶ月以上前になるが、7月15日(月)海の日、加古川市内の社宅へ引っ越しした。

10年ぶりの引っ越しである。引っ越しはこれまでに既に9回、今回で10回目となる。引っ越し屋さんは今までよく利用したパンダマークである。引っ越し先は車で10分弱の所だ。3トン車で2往復。1回目は結構な雨の中、2回目は何とか晴れたけど・・・・。しかし、生活するのになぜ、こんなに多くの物が必要なのかとあきれるばかり。これでもずいぶん物は捨てた。本もずいぶん処分した。究極として結局は何もいらないのではないかと思う様になってきた。置く場所があるから物が増えるのだろう。実は実家の倉庫にはまだ、車の部品、オーディオ機器、無線機、そして膨大な本がある。人生を豊かにするには本当にこんなに多くの物が必要?そうだとしてもずっと保有していく必要は無いものだと思う。死ぬ時には何も持って行けないのだから。
 一度、超シンプルな生活をするには最低限何が必要か考えて見るのもおもしろいだろうと思ったりする。
結局、この度の引越でも、常に手元に置いておかねばならないものは、一つの鞄に詰められるくらいの物だった。
 ビジネスホテルの部屋の簡素さはこんなシチュエイションを考えるのに大いに参考になる。ただし、十分なサービスを外部から受けて、かつ一人で生活する・・・ことに限定されるのだが。
 さて、今度の社宅は少々狭い。6/6/4,5DKの2階建てである。上の息子は7月2日に大阪のワンルームで下宿を始めたので、下の息子と奥さんとの3人で暮らす。下の息子は自分一人の部屋が持ててよろこんでいたが、大学生になってやっとだ!と少々ぼやいてもいた。下の息子は2階の6畳、私たちは1階の居間として使用している部屋、2階の4畳半はタンス等が入り、物置状態である。DKも風呂もトイレも小ぶりである。シンプルな生活となる。
 今回の引っ越しはいろんな問題があった末のことであり、実はなかなか辛い場面でもあった。今まで”良かれ”と自分で思い、やってきたことが無駄になったこと。そしてその間に失った時間と機会の大きさ。そんな事を思うと辛くなる。しかしほんの少し得られたこともある。自分がもっと高齢になった時の身の処し方などを思う機会にはなったことくらいか。しかし、何があっても生きて行かねばならないし、生きていく上では前を向いて行くべきだと思うのである。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご無沙汰しています。
引越しですか、荷物大変ですね。
クーペは置いておけるのでしょうか?
自分は、死ぬまでにクーペをどうにかしてねと言われていますが、こればっかりはいつかわかりませんからね。まあ、全て捨てればいいだけですから、気楽に思っていますけど。
生きるだけなら必要なものは限られると思いますが、それに加えていろいろ所有するということが人生の楽しみなんだと自分は言い聞かせています・・。

keiji117 | URL | 2013年08月25日(Sun)19:11 [EDIT]


人生達観の四方山さん?
>人生を豊かにするには本当にこんなに多くの物が必要?
 実に耳の痛い話ですが物によって人生や心が豊かになる側面は否定出来ないのでは?と?
 但しあんまり俗物的な物には執着しない方がヨロシイかと?

>そうだとしてもずっと保有していく必要は無いものだと思う
 これ股耳の痛い話でね、ワタシの大事にしている物と言うと?無線機にギターにバイオリンにバイクにクーペに工具に本(非エロ)レコードにアンプにカートリッジに、どれを取っても普遍的かつ実用的な物は皆無。
 多分私が死んだらそのままゴミとして捨てられてしまう物ばかり。
 だから棺おけに片足突っ込んだら無償譲渡先の一覧でも遺言代わりに書いておこうと思ってます。
 で?フト気がついた、多分四方山さんなら全部欲しがる?と言うか喜んで戴ける物ばかり、難点は??ワタシが棺おけに片足突っ込んだ頃には四方山さんは片手位棺おけに手を掛けている鴨(爆)。

>ビジネスホテルの部屋の簡素さはこんなシチュエイションを考える
 ビジホ84連泊の偉業を達成したワタシとしてはあんまりお勧め出来かねますが?(嗚呼!自爆)。
 人間起きて半畳寝て一畳とか?ただそれでは余りにも寂し過ぎるのでは??
 サアサア有り余る煩悩の世界に戻りましょうね。
  
 

うんちく | URL | 2013年08月25日(Sun)22:14 [EDIT]


keiji117さん
こんにちわ。
実家の近くなんでクーペはそのまま実家に置いておくことになります。カルマンギアや部品、書籍かんけいも全て実家です。言わば又裂き状態?ですが。しかし、農業もあるし、毎朝帰っています。
 確かに、持ち物の大半は趣味に起因するものですね。”生きる意欲”に関係する重要な物だとも言えますね。

四方山果無 | URL | 2013年08月26日(Mon)07:05 [EDIT]


うんちくさん
 ご無沙汰になってしまいましたね。
>物によって人生や心が豊かになる側面は否定出来ない
たしかにそうですね。生きる意欲とか、モチベーションがそれによって上がるのであれば結構なことだと思いますね。
 所詮人間はいろんな重荷をズルズルと引きずって生きざるを得ないものだと思いますです。だからシンプルライフなんてくそくらえ!と思うことがたまにあります。いくら自分がシンプルを望んでも、回りがシンプルにさせてくれない!どーすりゃいいの?てなことがよくありますよ。
>多分私が死んだらそのままゴミとして捨てられてしまう物ばかり。
それでいいのでは無いでしょうかね?”我が亡き後に洪水よ来たれ”なんて乱暴な言葉を吐いた古の英雄もいましたが、自分亡き後は自分の意識が残るものでも無し。所詮ガラクタなのですよ。
>フト気がついた、多分四方山さんなら全部欲しがる?
ハイハイ!!待ってました!そうですそうです。所詮ガラクタですから、はは、私が引き取って進ぜよう。なーに心配はご無用。全て無料で引き取らせていただきますよん♪その後適切な価格を付けて売却し、無駄にはしませんから・・・。え、儲けた金はどうするのかって?
はは、曾根崎新地でうんちくさんを偲びながら有効?に使わせていただきますよ。
>サアサア有り余る煩悩の世界に戻りましょうね。
はい!しっかり戻ってまんがな。

四方山果無 | URL | 2013年08月26日(Mon)22:58 [EDIT]