FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

新しいプロジェクト

 神戸市西区に足回りを得意とするショップがある。足回りと言いつつも実は何でもやってくれる所のようであるが、某氏がここで、117クーペのエンジンマウントの再生産を依頼されている。今日は、その取り付け試験を見学に行ってきた。製作品はこれ・・・・
1.エンジンマウント 2.純正マウント
 右の写真は各種グレード・型式により微妙に異なる純正のエンジンマウントだ。製作はどれにでも合う様に製作されるようだ。
 新規製作のエンジンマウントは、純正品より若干固めとのこと。
3.切れたゴム
 しかし、まあ見て下さい。これはPA95のエンジンマウント。画面左側のゴムがちぎれているのがわかりますか?手でもってねじると、いとも簡単に90度くらいは回ります。
4.ポインタ 5.的
 エンジンマウントの効果の確認は、エンジンのカムカバーに付けた、レーザー光線をボンネットの裏に張り付けた分度器に照射して、マウントを交換する前と、後とでエンジンを掛けた時の振れ具合を比較するというものです。なかなかユニークですね。
6.顔
さて、この車のフロントマスク、117クーペに見えますか?エアロパーツが装着され、精悍なマスクになっています。このS氏の車は見る都度に進化していってますね。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

どれに依らず旧車の部品でもゴム関係は頭が痛いですよね。
金物なら再生なり流用なり切った張ったの削ったで何とかなりますがゴム部品は厄介です。
増してやエンジンマウントともなるとどうにもなりませんね。
てな訳で私は中古で程度も良くは無いけど一台分ストックしてます。
試作中とやらのマウントですが我々にも販売して戴けるのでしょうか?

うんちく | URL | 2013年05月12日(Sun)14:18 [EDIT]


うんちくさん
 こんばんわ。ゴム製品はストックしていても劣化するので供給体制が続いてくれるのを本当に切望しますね。
 この度のエンジンマウントは和歌山のSさんが製作されたものですので、必要でしたら一度相談されたらどうでしょうか。

四方山果無 | URL | 2013年05月12日(Sun)22:46 [EDIT]