FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

書評「青べか物語」山本周五郎 1964年

 大正の末頃、千葉県浦安市(小説の中では浦粕町と言っている)が舞台の物語。浦安といえば今や巨大なテーマパークが出来て大層な賑わいとなっている所だが、当時は釣宿と貝の缶詰工場と、その貝殻を原料とした石灰工場くらいしかない寂れた場所だったようだ。

 主人公である「蒸気河岸の先生」は山本周五郎自身ではないかと思われる。作者自身がそこで暮らし、ふれあってきた村の人々やその地域について書いた小編32話により構成されている。そう言ってしまうとドキュメンタリーなのだが、その地の暮らしを見聞きして空想を膨らませたフィクションなのかもしれない。
大正の末というと今から約90年ほど前のことである。今とは異なり、人々は経済的には相当貧しい。しかし、必死に生きていく姿が文章からはあふれている。
 「青べか」とは、漁に使う小舟のことだ。物語の始めは主人公が村の老人からこの「青べか」を売りつけられる所から始まる。不格好であり、老朽化している「青べか」を法外な値段で押しつけられる、ここに住む住人の狡猾さやしたたかさに気後れしながらも、多くの人たちと接触していき、その各々の持つ物語を掘り起こしていくのである。ここで生活している人々は全然スマートでなく、泥臭く、礼儀正しくもない。しかし、そんな中でも素晴らしく良い部分を見つけだしていくのだ。
 ひとつひとつの小編は、現代とは少し異なる生活環境や人柄などが“素”で表現されておりとても興味深い。また、それらの人々に接する主人公の態度も興味深い。「ごったくや」という飲み屋なのか売春宿なのかわからない店の女給、連絡船や運搬船の船員、地元の若者、そして、一番親しい長という名の少年など、それぞれにいろんな鬱陶しい現実を抱えながらも逞しく生きていくのである。
 「白い人たち」の章では石灰工場の状況が描かれている。掃きだめのようなこの場末のさらに片隅で、男も女も全員裸で貝殻を焼き、全身真っ白になりながら石灰を作っている。会話もほとんどなく、一緒に働いている者がどこから流れてきたものかも分からない、そこでおきる事件、そんな労働の場の情景や、「ごったくや」に金持ちが来ると、周囲から女給がよってたかって金を使わせ、その客は身ぐるみはがされている。翌日女給たちは大挙して浅草へ遊びに行き稼いだ金をすべて使ってしまう。なんと刹那的なのか。そんな時代であり、そんな世界の物語なのである。
 30年後、作者がそこへ訪れた時、当時まだ小学生だった“長”と再会した。しかし、彼は当時のことはなにも覚えていなかった。作者は多少落胆するが、当時はみんな日々精一杯生きていたのであろう。思い出に浸るような余裕はなかったのかも知れない。
 終わりに近い章で作者は言う。「苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である」これは作者の愛読書であるストリンドベリィの「青巻」という本の中にある記述とのこと。作者はここで、自分がここ浦粕町へ来たのは自分の絶望や失意からであったことをうち明けている。作者はこのストリンドベリィの言葉のような浦粕の人々の生活に触れて絶望や失意から立ち直れたのであろうか?
青べか物語

 さて、余談ではあるが、なぜ自分がこの小説を読もうと思ったのか、それは、わが敬愛する小説家、小川洋子さんが毎週日曜日午前10時からKiss-FMでやっている「パナソニック・メロディアスライブラリー」という番組があります。そこで放送された内容ををまとめて文庫にした「みんなの図書館2」に掲載されていたのです。放送は毎週はなかなか聞くことは出来ないのですが、文庫にして出版してくれたため彼女の書評を楽しむことが出来るのです。(もちろんFM放送で小川さんの生の声を聞く方がいいに決まっていますが)書評を読み、興味が湧いたものを読んでいるのです。上記した番組はなかなか雰囲気がよく、小川さんの語りもとても良いのでオススメです。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する