FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

ハンドメイドのキースイッチ

 いつもお世話になっている伊丹市のスピードウェル。ご主人のYさんが昨年末に亡くなってから、ご主人の乗っていたハンドメイドの調子が悪いと息子さんが言う。どんな症状かというと、エンジンを切ってキースイッチをロックの①にすると、セルモーターが回り出すのだ。セルだけ、単独で配線を引いたり、キーシリンダーを交換したりしても直らない。興味があるので、友人に配線図を送ってもらって眺めつつ、先日、予備のキーシリンダを借りてきてその動作を確認したのだ。
1.キーシリンダ 2.キーシリンダ2 3.キーシリンダ
これが借りてきたキーシリンダ。ハンドルロックの”かんぬき”が見えますね。
4.コネクタ部 5.外すと 6.スイッチ部
キーシリンダの一番後ろに4ピンコネクタが刺さる端子部がある。こいつを外して見ると、キースイッチの部分が外れてくる。
7.刻印あり 8.接続図 9.PA95の標準接続
 コネクタ部には"AM"とか"ACC"とかの刻印があるのでわかりやすい。キースイッチの裏側の溝にドライバーを入れてまわしつつ、接続を確かめる。結果は真ん中の表なのですが、一番上のロック位置での接続は?右側の表はPA95の標準的なキースイッチの接続図だ。これを見ると、キースイッチのロックの欄には何も書いていない。すなわち、接続は無いのだ。
 想像ではあるが、これはキースイッチが壊れた訳ではなく、最初からこういう構造だったのかも知れない。そして、IG回路から、電流が逆流して、ST回路にかかり、セルがまわったのではないかと思われる。
 次のステップはIG回路に接続され、電源供給されている負荷からの逆流を探す必要がある。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013年02月15日(Fri)18:43 [EDIT]