FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

フライホイール取り付け準備(その4)

スポルトマチックの”クロ”のマニュアル化もそれなりに進んできました。取り外すべき物はほぼはずせたので、次に取り付けるべき物をいちど合わせてみました。
フライホイール仮付け
フライホイールを仮に付けてみた。
4本のピン
フライホイールは中心近くにある4本のピンで固定され、センターで巨大なボルトにて強く締め付けることになっている。
クラッチ板
こちらがマニュアル用のクラッチ板とプレッシャープレート。現代の車とは若干構造が異なる。
ボルト内のベアリング
 そして、こちらがフライホイールを締め付ける36ミリのボルト。このボルトは中心が空洞になっていて、そこにローラーベアリングが入っている。
ここにはまります
このベアリングはこのマニュアルミッションのセンターの軸に当たるのです。クラッチが切れた時には、このベアリングによりストレスなく、クランクシャフトとミッションの一時側シャフトの回転差がフォローされるのでしょう。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する