FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

横浜旧軍無線通信資料館

 横浜旧軍無線通信資料館
 昨日、かの、うんちくさんに連れられて”横浜旧軍無線通信資料館”へ行った。先日、電気通信大学に行った時に話題に出ていたところだ。ここは土居さんという方が個人でやっておられる資料館で、うんちくさんに事前に電話をいれていただいていたのだ。ホームページも開いておられ、非常に多くの収集品が展示してある。第二次世界大戦中の陸海軍の無線機を始め、レーダー、発電機、パラシュートやヘルメット、照準器などたくさんあるほか、米軍、ドイツ軍の無線設備もある。また、公開対象ではないが、アマチュア無線や、船舶通信の機器も保有されている。
 土居さんは気さくな方でいろいろと説明してくださる。旧軍の無線機器に対する知識はすごいもので、ごく最近は零戦に搭載されていた96式無線装置の特性試験を某所に依頼し、その優秀さを証明された。
 展示品の中で特に興味をそそられたのが対空レーダーである。ドイツ軍から、かのウルツブルグが伊号潜水艦で運ばれてから数年、終戦間近にはすでに航空機に搭載できるほどのコンパクトなレーダーが開発されたとのこと。
 ”同軸ケーブル”も同時期に発明され受信部に使用されていた事実とか、極力真空管の種類を少なくし、切れた時の差し替え、互換が効くように配慮されている。また、”TR管”というレーダー電波の送受信切り替え用真空管の日本で最初のものや、水冷マグネトロンやクライストロンなどとても貴重な物をみせていただいた。初期のレーダーは八木宇田アンテナのアレイを支柱ごと回転させ、方向を変化させていた。また、PPI(対象物の方位及び距離の表示器)がまだ開発されていないためオシロスコープのようなブラウン管で距離を確認していたこと、さらにレーダー機器が収納されている小屋ごと回転して方位を変えるものもあったとか。先にも若干述べたが同軸ケーブルが開発される前は、フィーダは平行二線を使用していたこととか、非常に興味深い話が多かった。
 さらに、戦闘機の計器盤に使用されているメーターの照明に、紫外線により発光するものや、ラジウムが使われているということをガイガー計数機で示して見せていただいたり、真空管の細かな加工のためにウランを含有させたガラス、”ウランガラス”が使用されたこと、そして、その紫外線による発光が美しいことからコレクターズアイテムになっていることなど。
 あと、興味を引いたのはこれら軍事用無線機器の戦場における電源の確保であるが、どこの国も苦労している中、ドイツは既にニッカド電池が開発され使用されていた。真空管のヒーター回路に使用する低圧の”A電源”確保は蓄電池で、そしてプレートに使用する高圧の”B電源”は、ヒーター用の”A電源”をバイブレータにより断続し、トランスにて昇圧して使用していたとか。土居さんにお聞きした話はまだまだあり、旧軍の無線設備に関する調査や知識は膨大なものだと思った。できれば著書として後々に残してほしいものである。
 最後に土居さんと話したのは、日本の無線通信機器等は、使用目的としては戦争という負の部分ではあるが、その技術の進歩は忘れてはいけないことであり、また、とぎれさせてはいけない。日本人の発明、開発したことであり、記録として残しておくべきだということであった。とても興味深く貴重な財産の集積であり、また館長の土居さんの知識と研究に対する情熱もすばらしいと思った。
 詳しくは以下で。
http://www.yokohamaradiomuseum.com/index.html
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

その節はお疲れ様でした、博物館に資料館は数多あれどこちらの資料館の代わりは恐らく何処にも無いと思います。
 どうも戦争絡みとなると目くじらを立てる人も多いのですが、純粋にあの当時の日本の通信技術と歴史を知り客観的に評価する必要は有ると思います。
 本来なら一連の事業は国か通信機メーカーがやるべきだと思いますが個人で運営されている事実にはただただ頭が下がる思い。
 てな訳でワタシも微力ながら少々貴重な機材を寄贈させて戴いた次第です。
 で!お次は送信所巡りでもしましょうか?
 廃止された船舶電話(JBO)にバリバリ現役の八股送信所なんか如何で?
 
 

うんちく | URL | 2012年09月13日(Thu)22:28 [EDIT]


うんちくさん
 二日に渡りおつきあいさせてしまい申し訳ありませんでした。おかげさまで大変興味深い物を見ることが出来、また、土居館長の貴重なお話も聞かせていただき感激でした。
 戦争に関する事は目をふさいではならないと思います。そして、一面だけの見方は危険だと思います。さらに、二度とあの愚かしい行為を繰り返してはいけないと思います。
 二日目に連れていって頂いた靖国神社の就遊館での展示は日本が中国や南方へ侵略していったということ、終戦前の本土爆撃で逃げまどった国民のことなどには目を向けていないと言う点において”特殊”な所だと思います。

四方山果無 | URL | 2012年09月13日(Thu)23:19 [EDIT]