FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

福井県大野市を訪れる(その3)

 朝早くから起き出すのは年齢的な変化もあるかもしれないが、単に時間に吝嗇な部分もあるような気がする。”可処分時間”要するに自分の自由になる時間、これが多いことはことのほか幸せな事だと思う、その昔、時間泥棒をテーマにした童話ミヒャエルエンデの”モモ”というのがあったが、(余談ですが、こんな小難しいテーマがガキにわかるのか?とおもいましたけど・・・)自分の大切な時間を他人に左右させてはいけない・・・ということが書いてあったと自分では解釈しているのですが。
 話は多少それて恐縮なのですが、”時間”ということに関して、実は今(といってもずいぶん前から)職場の携帯電話を持たされている。時たま思うのだが、これって最大限の拘束ではないかと思うのです。基本的には四六時中携帯電話に出られるようにしておくこと!と言われている。しかし、職場を離れれば自分自身の可処分時間の世界になるわけであり、その間は誰からも報酬を受けているわけではない。電話に出る義務もないのである。なのに、当然のように携帯電話を配布しているのだから常に・・・・と上司から言われているのですよ。おかしいと思いませんか?管理をしている者にとっては、いつでも、どこにいても相手を呼び出せるという大きなメリットがあるのだけど、呼び出される者にとってはたまったもんじゃない。電車のなかでも運転中でも、夜中でも、電話がかかってくるのですよね。そして、出られなければ後日叱責される。私たちは職場を離れたあとはなんの報酬も得ていないのですよ!理不尽だと思っている昨今の現象の一つです。
 話はそれてしまいましたが、朝、早起きすると、こんなにも有意義な時間が過ごせるのだ・・・・ということと、じぶんの時間は大切にしないと・・・・ということが言いたかったのです。
 さて、”おしょうず”を見学したあとは近くにある朝倉さんの墓所へ行く。
41.道しるべ 42.朝倉さんのお墓 43.朝倉氏看板 44.水琴窟1
あ、朝倉さんといっても別に親戚でもなく、昔このあたりで有名な人だったようですが、その墓所にとなりに水事窟があるんですね。水琴窟とは、地中に瓶(カメ)が仕込んであり、水滴を垂らすことにより、その水の滴り落ちる音が、瓶の空洞に反響して妙なる響となって聞こえるというものなのです。
45.水琴窟2
こちらの水琴窟の音色はまさに妙なるものだと思います。本当に素晴らしく美しい!!聞いていると時間を忘れるほどなのです。もし、皆さん越前大野へ行かれる機会がありましたら、是非ともここの水琴窟だけは訪れてみてください。
46.水琴窟3
そう、この石のしたから聞こえてくるのですよ。美しい音色が。
47.湧水
ここにもありました!湧水が。用水路の中に組まれた石の井戸のなかから、豊富な地下水が湧き出ています。冷たくて中性的な味、さらに冷やしてウィスキーなぞを割ったらさぞや美味しかろうと・・・・。もし、この地に住めるのであれば、住居のそばにこんな泉を穿って、この美味しい水でお茶やコーヒーやお酒をいただきたいものです。
48.湧水
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ボヤく四方山さん
>理不尽だと思っている昨今の現象の一つ
 嗚呼!元職場のHさんでもやってましたね。
以前は「待機手当て」が有ったのですが突然制度廃止になりました。
 合理化の一環との事なんですがそもそもが端金なんで全廃しても得られる利益僅少で逆にモチベーションが低下する損益の方が遥かに大きいでせう。
 そんな目先の利益ばかり追うから出張中にあちこち観光したり夜遊びしたりするんですよね?ね?(と同意を強要する)
>聞いていると時間を忘れる
何処で聞いたか忘れましたが風鈴も猪脅しもガイジンには単なる騒音にしか聞こえないそうな。
 この場合日本人の感性は研ぎ澄まされていると思うです。
 
飲食と言いますが全ての基本は水、湧水とは言いませんが何処でも安心して蛇口から直接水が飲める国も珍しいです。
 
 

うんちく | URL | 2012年07月31日(Tue)13:05 [EDIT]


うんちくさん
 科学技術の進歩は人々に随分幸福をもたらしてくれましたが、幸福でない部分もあります。それが私のぼやいているところです。肉体的拘束酬が支払われるのですが、携帯電話を所持するように指示され、いつでも出られるよう配慮を求められる。これは精神的な拘束状態だと思います。可処分時間とは自分がだれからも拘束されることなく自由になれる時間のことを言うのだと思います。しかし、前記の状態は拘束されていることを十分感じられる状態と同じなのです。
 今こそ、携帯電話拘束について考える必要があると思います。

四方山果無 | URL | 2012年08月02日(Thu)22:46 [EDIT]