FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

福井県大野市を訪れる(その1)

 いやー、毎日暑いですね。雨が降ると多少は涼しくはなりますが、昨今の雨は半端な降り方をしない。局地的に豪雨が襲い、一旦止んだかとおもっていても、また同じ場所に降る。ここ最近和歌山市南部、九州熊本・柳川や京都市北部、福井県えちぜん市など、各地で豪雨が降り住宅の浸水などが発生している。竜巻の発生といい、なんだか気候全体が変化してきているように見えるのだ。
 そんな状況もあり、また、日常的な仕事や家庭のこともあり、ここ、2〜3週間はなんだかすごく慌ただしい日々だった。
 いつの間にか、周囲は夏休みになり、通勤電車も若干空いてきた。座れるのが嬉しい半面、よくよく考えたらみなさんお休みの中、従前どおりあくせく働いている私は何?と少し遅れて虚しく思うこともある。早くお盆にならないかな・・・・とも思うが、先の期日を待ち焦がれるのも、先行き少なくなってきた中で日々がもったいない気がする。毎日精一杯生きねば!とも思う日々なのです。
 さて、某月某日、仕事で福井県大野市へ行った。泊まりの出張だったので、2日目は少々早く起きだして宿の近くを散歩することにした。大野市は今までも何度かいったことがある場所なんだけど、毎回慌ただしく仕事だけしては帰るという状況だった。今回初めて、大野市にある出先の事務所の近くの山の上にお城があることを発見し、これなら朝食前にでも登れる!と思ったのだ。
1.大野城
 このお城は大野市の西部にある標高20mほどの亀山の頂上に建っている。「大野城」という。宿泊地が亀山の南にあるバスターミナルの近くだったので、南登り口から亀山に登る。入口はこのほか、西側と北側にもある。
2.湧水
 民族博物館や、お宮さんの境内を抜けて行くと登り口があるのだが、その手前に池がある。ここ、大野市は湧水が豊富なところで「清水」(”しょうず”と読むらしい)がたくさんある。この水を使って昔から、酒や醤油作りがさかんだったとのこと。そしてこの池のなかからもこんこんと水が湧いていた。
3.道案内
 お宮さんの手前に道しるべがあり、その脇を抜けると・・・・。
4.門
こんな門がある。そこからは延々と遊歩道が頂上のお城まで続いている。
5.道
 それほど高い山ではないが、途中からの眺めは結構良い。こちらは西の方向、福井市方面の眺め。さすが福井!山が多いですね。
6.眺め
15分ほどでお城に到着。
7.到着
お城直下は結構急峻な石垣である。
8.高い石垣
入口に到着。開館は9時からのようで、当然ながらこんな早朝では入れない。
11.入口
亀山は市内至近であり、散歩やジョギングコースのようで多くの老若男女と出会う。お城直下では、複数人がラジオ体操もしていました。
12.お城ジョギング
亀山の遊歩道や階段はきれいに整備されていて歩きやすい。宿への戻りはのぼりとは別の道を歩く。
10.遊歩道
こちらの道は亀山の東側、大野市街が望めるのだ。
9.大野の町並み
遠くに見える山は荒島岳(・・・だと思う。)魅力的な山容だ。

・・・・次回に続きます。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

四方山さんの手にかかると恰も自分が行ってきたかの様な錯覚に陥りますな。
 同じ城でも鉄筋レプリカとは一線を隔する趣が有り超有名観光名所でも無い所に安らぎを覚えますな。
 このペースで是非例の博物館ツァーもお願いします。

うんちく | URL | 2012年07月28日(Sat)23:39 [EDIT]


うんちくさん
 先日はありがとうございました。
>このペースで是非例の博物館ツァーもお願いします。
はいはい。昨日はがんばって全部で7日分を作成し、タイマー制御で1日1話ずつ出すように設定しました。
 博物館ツアーも作成済みですよー。
いつも稚拙な日記読んでいただきありがとうございます。

四方山果無 | URL | 2012年07月29日(Sun)00:53 [EDIT]