FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

毛馬へ行ってきた

 先日、来客の案内で大阪市都島区にある淀川大堰へ行って来た。ここは、台風などの影響により大阪市内に雨が降ると同時に、河口部に高潮が予想される時、市内を流れる川の河口にある大きな水門を閉め、大阪市内の水を淀川にポンプで排出するための施設である。

 ここには巨大な発電機がある。7000キロワットのディーゼル発電機が3台。なかなかすごい設備だ。もし、停電してポンプが可動しなければ、大阪市内は水浸し状態になってしまう。経済的にはすごい損失となるため、例え停電しても、この発電所を可動させることで、ポンプが回せるのだ。

発電所

 稼動させるような事態が発生しないことを祈りたいものです。


 さて、ここ、毛馬には興味深い史跡がたくさんある。昔の閘門(水位差がある水路間で舟を通す施設)や洗堰(分岐する河川へ水量を調節しながら分水する施設)大阪城築城に間に合わなかった”残念石”など・・・


毛馬閘門

 毛馬閘門はレトロな煉瓦作り。今では歴史的な遺産として、周辺は公園整備されています。

毛馬洗堰

洗堰は昔10門あったが、現在3門のみ残されている。こちらも優雅な煉瓦造りのアーチになっており、ツタがからまっている。


残念石

ちなみに”残念石”っていうと小豆島が有名だけど、あ、それから、木津川の笠置の近くにもあったっけ。しかし、ここまで運んできたらあと少しで大阪城だったのにね。ホントに残念!


 淀川の堤防に出ると、沖野忠雄さんという方の胸像がある。なんだか河川改修に尽力した人のようだ。

像


沖野さん


あ、そう言えばこの近くに与謝蕪村の句碑もありました。詳しくは下記にて。


http://www12.plala.or.jp/HOUJI/shiseki/newpage456.htm


 
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>毛馬閘門
 アフォな事書こうと思い・・・止めました。
(大顰蹙間違い無し)。
新淀川は大阪市内を水害から守る為に掘られた人工河川なんですよね、満足な建設機械も無い時代に作られたとは?あの川幅を眺めていると信じられないです。
>7000キロワットのディーゼル発電機が3台
 KVじゃ無くてですか?今時大型発々はタービンが主流ですね、でも立ち上がりの早さではディーゼルに軍配が上がるかな。
所で移動電源車は御入用では?(スリスリ♪)

うんちく | URL | 2012年07月17日(Tue)00:15 [EDIT]


うんちくさん
>アフォな事書こうと思い・・・止めました。
そこまで書いたなら書いたも同然ですがな。
>新淀川は大阪市内を水害から守る為に掘られた人工河川なんですよね、
よくご存じで!ちなみに大和川も柏原市の築留より下流は人工河川ですね。
>KVじゃ無くてですか?
7000kVAだったかも知れません。6.6kVの高圧発電機で、そのエンジンはV型12気筒だったか?船舶用のエンジンです。
こんなでかいエンジン動くとさぞやウルサイとお思いでしょう?でも、実は回転数が低い(400rpmくらい)ので意外に静かなんですよ。

四方山果無 | URL | 2012年07月17日(Tue)05:05 [EDIT]


7MW。数字で書けば何てことないものですが、実際に発電するとなれば、このような大きさです。私自身が思うのは、発電機はとても小さいののです。現場の大きさを目の当たりにすれば、如何に作るのが大変かと言うことなのですが、知らないわからない方にとっては、電気はコンセントにプラグを差し込めば、幾らでも使えるという妄想でしかないのです。
特に関西の電気不足は、浪速の方には分からないことです。
電気が足らないと言いつつ、暑ければエアコンのスイッチを入れて、「他でもしているではないか」と逆に噛み付く始末です。電気は消費する分しか発電していません。つまり在庫はゼロ。しかも旧式な廃棄寸前の火力を回しての話。これは関西に限らず東京も同じ。既に40年以上前の旧式火力を健全に回せと言われても、クーペをべた踏みして走り続けろと言わんばかりのことなのです。薄氷を渡るが如しで故障するのは当たり前。甲子園は朝や晩にするなどの工夫もせずに、家の中でエアコン掛けてビール飲んで応援していれば、電気はどこからか届くから関係無い状態です。
20年前の東京が半分も停電した時のことを忘れています。
最初はごく僅かに足らない状態で推移して、それが立ち直ることなく、チェナーダイオードの如く一気に雪崩状態で電源は崩壊しました。

ディーゼルはガスタービンに比べて振動に強いのです。元々が回すと振動が生じる機関ですから耐性が強いのです。地震が来ても、その振動はエンジン自体が発する振動以下なのです。V12は特に静かですが、それは安定して回っている時の話で、起動するときは、やはり大きく揺れるのです。

少し愚痴がでましたが、プロとしては脳天気な連中に諭しては無理だと思っています。実際に痛い目に合わなければ人間は気付きません。

リバー | URL | 2012年07月17日(Tue)22:29 [EDIT]


ヨソのブログで場外乱闘なワタシ
F川さんボヤく
>少し愚痴がでましたが
御指摘通りでしょう?あの原発反対集会に参加した人達はその後冷房の効いた電車に乗り、帰宅したら「嗚呼!暑いねぇ」と電気温水器で沸いた風呂に入りエアコンのスイッチを入れ、電気冷蔵庫から冷えたビールを取り出し電気テレビを見るかパソコンでログインして?間違ってもローソクで灯りを灯すなんて事はやんないでしょうね。
 不思議でヒステリックな人達だと思います。

うんちく | URL | 2012年07月17日(Tue)23:57 [EDIT]


リバーさん
 ”節電”本当に大切なことだと思います。どうすればどうなるか。こうすればそうならない。これを一生懸命説かないと今までの十分な電力が供給されてきた時期を過ごして来たひとたちには分からないと思います。理解できないからといって人をバカにしてはいけません。(知らないからといって知っている人が好き放題することも同義です)株券が紙屑にならないと分からないほど日本人は愚かではないと思いたい。

四方山果無 | URL | 2012年07月19日(Thu)01:07 [EDIT]


うんちくさん
 あの、この記事は別に電力のことについて書いた記事では無いのですが・・・頂いたコメントに対して一言・・・
 他の人の”ありよう”をご自身の想像で決め付けることは少々乱暴ではないかと思いますね。

>不思議でヒステリックな人達だと思います。

まともであり、真剣にこの国の未来を考えておられる人たちだと私は思います。

四方山果無 | URL | 2012年07月19日(Thu)01:23 [EDIT]


理解できないからといって人をバカにしてはいけません。(知らないからといって知っている人が好き放題することも同義です

バカにはしていませんよ。ただし、本当に節電する気持ちがあるのであれば、行動を示して頂きたいのです。
言うのは誰も責任あませんから、好き放題に言われて結構です。
だったらどうするの?と言えば節電するとか言っていて、現実には暑くなれば電気の使用量は確実に増えています。全く節電されていません。

他所の会社が何でと思われるかもしれませんが、関西だけの話ではないまです。60Hz系の会社は連系しています。一社だけが足らないで済む話ではありません。

今日の昼は蒸し暑くて、電気はどんどん消費が増えていました。


まともであり、真剣にこの国の未来を考えておられる人たち

反対は誰でもできますが、だったら代りになる案を述べるべきです。自然エネルギー等の再生可能エネルギーと言えば言葉きれいでも、現実には主力になりません。それほどに消費量が多いのです。

それに都会には発電所はないでしょう。騒ぐのなら地産地消で再生可能エネルギーを作るべきです。
現在は設置している地方の方に負担を強いてお世話になっていることを、棚上げしています。

長いので後は自分のブログに自然エネルギーの難しさを書きましょう。

リバー | URL | 2012年07月19日(Thu)18:56 [EDIT]


気になる

燃料は、どの程度置いていますか?
運転時間でも結構です。

非常用の場合、常用とは違って消防法で受ける貯油量が違うのではないでしょうか。

リバー | URL | 2012年07月23日(Mon)19:36 [EDIT]


リバーさん
>燃料は、どの程度置いていますか?
>運転時間でも結構です。

確か24時間分だったと思います。20年前にここで仕事をしていましたが、年1回タンクローリー2台分のA重油を購入していました。
 ここのポンプ場の役割は大阪湾の高潮と市内への降雨が重なった時に稼動するので、潮位が下がると役割は無くなるためこの時間に設定されていると思います。

>非常用の場合、常用とは違って消防法で受ける貯油量が違うのではないでしょうか。

ここは”常用”の発電所ですが、消防法上では扱いは同じじゃなかったかな?

四方山果無 | URL | 2012年07月24日(Tue)08:05 [EDIT]


タンクローリー2台分

それですと40kLになります。タンクは全くカラにして給油しませんから、60kLくらいあるでしょう。

この容量ですと消防法の適用を受けます、乙4の免許が必要となります。

A重油ですと2KL以下、軽油なら200L以下なら、消防法の適用は受けません。ですから無線中継所等の非常用のディーゼルは軽油ではなくA重油で回していますよ。

リバー | URL | 2012年07月25日(Wed)19:55 [EDIT]


リバーさん
 危険物取り扱いは常用発電も非常用発電も同じだと思います。確かに資格は必要で、同じ業務に携わっている職員はたいてい取得しています。電気通信関連の仕事はなんと多くの資格が必要なのかと思いますね。(無線従事者、情報処理、電検、エネ管、危険物、PCB・・・・)
 無線中継所の予備発電機は仰るとおり、倍率の関係からA重油を使っているところもあります。昨今は多くが軽油となりつつありますし、一部ガスタービン発電機では、煤煙の関係から灯油を使用している例もありますよ。

四方山果無 | URL | 2012年07月28日(Sat)10:19 [EDIT]