FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

エンジン降ろし完了

朝から雨、梅雨ですねー。
カーポートの隙間ふさぎを先週やったのだが、まだ1カ所気になるところがあったので、雨の中、ホームセンターへポリカーボネートの波板を買いに行ったのである。幸い雨も小やみになり、波板を付け終わったとたんに土砂降りの雨。
 カーポートの下でボーッとしていると、今度は晴れ間が。忙しいお天気である。
 さて、昨日ファンシュラウドの秘密がわかり、多くの補機が外れたところで、後はボルト4本外すとエンジンが降りる状態にまできていることが判明した。(なんと場当たり)エンジンルーム内にて2本、下の左右から各1本である。後ろ側左右をジャッキアップし、タイヤを外す。
まず下側からボルト2本を外す。次に目一杯ジャッキを下げ、エンジンの下に台車を挿入。(この台車、もうボロボロだけど、随分役立っています。舞鶴へエンジンを引き取りに行った時、和歌山のエンジンを取り降ろした時、そして今回。もっぱらエンジン降ろし専用である。普段は倉庫で発動発電機を乗せている。)そしてエンジンルーム内のナット2個を外す。
車高を下げる 台車挿入 接合ボルト
 そして、マフラーのテールパイプを両手で持って、エイヤッ!と後ろへ引っこ抜く。
外れた1 外れた2 外れた3
外れました。そのまま引っ張りエンジンを台車の上へ落とす。
今度は目一杯ジャッキアップし、背の高いオイルクーラーを外してボディ下からエンジンを引き出す。
エンジン引きだし トルコンのようです
お出ましになりました。♪
水平対向エンジン
フラットフォー!!水平対向4気筒OHV、1300cc?この冷却フィンを見ていると、まるでバイクのエンジンですね。”感動的”
同時に大量のトルコンフルードと覚わしき液体がこぼれ出たので、これを拭き取り一段落。
引き続いて、エンジン下部のカバーを外すべく、チェインブロックでエンジンをつり上げる。カバーやシュラウド関係はひとまとめで、錆落としし、塗装しようと思っている。
つりあげ マフラー よく錆びたヘッド エキゾースト
エンジンしたのカバーを外そうと思うと、ヒートエクスチェンジャを外す必要があることが判明。エクスチェンジャとマフラーも外す。排気ポートには結構な量のカーボンが溜まっている。マフラーはまだ使えそうだが、ヒートエクスチェンジャは補修跡があり、更に、穴が開いてしまっている。外側の穴なら、まだ補修して使用出来るが、内側の穴ならば、室内に排気ガスが入ってきて人生がおしまいになる危険性があるのだ。
エンジン単体
何とか無事にマフラー周りも外れた。これから、ぼちぼち楽しみながら、エンジンの清掃をやっていきます。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

やりましたね、エンジン降ろし。
錆にまみれたシリンダやクランク室を見ると奇麗にしてやりたい衝動に駆られるでしょ?
(ホラホラ目の前にホィールブラシが)
と!序にピストンやバルブ廻りもカーボンがベットリでしょうから奇麗に洗浄してバルブは摺り合せしてやりたいと思うでしょ?
 なぁ~~に!水冷の直打ちカムDOHCのいすゞG200Wと比較したら空冷4発OHVなんぞ簡単簡単♪
サアサア地獄の2丁目へようこそ!
え?ワタシ?今5丁目あたりですけど?お待ちしております。
(例のブツ明日送り枡)

うんちく | URL | 2012年07月03日(Tue)23:36 [EDIT]


泥沼に誘ううんちくさん
 空冷の冷却フィンってどのように清掃したらいいんでしょう?(とうんちくさんの策略にはまっている自分が怖い)
あー出来ることならヘッドは外したくないと思っていますが・・・
>(例のブツ明日送り枡)
感謝です。有り難うございます。

四方山果無 | URL | 2012年07月04日(Wed)06:24 [EDIT]