FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

くじら尽くし

渋谷、道玄坂の「くじら屋」、以前から一度行きたいねー!と友人と言っていたお店なのですが、先日東京への日帰り出張の折りに行って来ました。
鯨料理と言えば、昔小学生のころ給食によく出ていた黄色い「鯨カツ」(うー歳がばれる)。真っ黒い「焼き肉」。油を絞った後の「さらしくじら」(私の田舎では「おばけ」と言います)などがよく知られた?メニューですが、最近は本当にお目にかかることが少なくなりました。なつかしいねー。そんな話しをメールでやりとりしていて・・・では一度行きましょう♪・・・という事になっていたのです。
渋谷駅の犬の銅像の前で待ち合わせ、!DSCF8007.jpg

いざ「くじら屋」へ、しかし時間が早かったのかまだ開いていない。時間つぶしに「スペイン坂」や元祖?「東急ハンズ」、大きな書店やエスニックなアクセサリー店をまわる。駅前の犬の銅像の前もそうだったけど、何処へ行っても人が多いですねー。時間をつぶすこと約30分。看板に明かりが点っているのを見て「くじら屋」に入る。
私たちが最初の客みたい。半地下のテーブル席につき、早速生ビールと「珍味盛り合わせ」を注文。着物のおねえさんが珍味盛り合わせの一つ一つを丁寧に説明してくれる。 DSCF8009.jpg

さえずり、鯨鹿の子、さらし鯨、鯨スモーク、鯨ベーコン等ひとつひとつの味を楽しみながらビールをいただく。この日はことのほか暑かったので生ビールがうまいっ!その後、鯨ユッケ、焼き肉、お刺身、からあげ、軟骨のわさび漬け等々。DSCF8010.jpg

私のイチオシは「本皮の刺身」こりこりしていて、挟んだキュウリとの相性がよく、う~ん最高!友人のお薦めは「鯨ユッケ」牛のユッケと雰囲気は良く似ているが甘みがありなかなかよろしい。何時しか飲み物は「酔鯨」に・・・。しかし、鯨料理にこんなにたくさんのバリエーションがあったとは!本当に感動の一時でした。今回食べられなかった「ハリハリ鍋」はまた次回のお楽しみです。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する