FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

今日は病院を3カ所“ハシゴ”した。

朝から姫路にあるなじみの病院へ、「人間ドック」の受診である。人間ドックは毎年受診しているのだが、毎年オプション検査をひとつずつ興味本位で受診している。去年は胸部CTスキャン、そして今年は頭部MRIを受けた。今回はこの検査で、少々厳しい状況に陥ってしまった。自分の弱さが現れてしまったのだ。この話はまた後日させていただく。

 二つ目は、母親が骨折で入院している自宅近くの総合病院。こちらへはリハビリの状況を聞きに行った。母親はパーキンソン病で、以前から歩くことがかなり難しくなり、機敏な行動もとれなくなっており、床机にこしかけていてそこから落ちただけで、大腿骨骨折となってしまった。
この病院の老人に対する骨折治療の方針は、早々に金具などをいれる手術をして、動ける様にし、リハビリも早々に始め、できるだけ早期に以前の生活が取り戻せるようにするというもの。そうでなくて、長期間ギプスで固定して動かれないようにしていると、本当に動けなくなるほか、痴呆が進んだりするとのこと。
 しかしながら、母親の場合は以前から歩くのは不安定で、何度もころんでいたため、病院では歩くのはもう無理と判断したようだ、しかし、自宅に帰ってきてなにからなにまで、介助が必要となると、家族はすごい負担になる。少なくとも這ってでもいいから、自律的に移動し、トイレに行けるというところまでは、回復して欲しいと思っている。
 三つ目は、先週から自分が通っている整形外科だ。田植えが終わった後なぜだか左膝が痛くて歩けなくなり病院へ行ったのだ。抗生物質と痛み止めで何とか改善した。こちらは、この日が最終であったが2時間待ちの4分診療という状態であった。
 病院3カ所も一日に行く事は今までになかった。自分の事にせよ、家族のことにせよ、歳を経る毎に病院にお世話になる機会は多くなるのだろうなと思う。私が住んでいる加古川市はそれほど都会ではないが、まだ、近隣に病院があるのでありがたいほうだろう。もう少し奥地の農山村では病院も遠く、また、数少ない病院に一日仕事で受診しに行くということもあるのだと思う。
病院のお世話にはなりたくないが、これだけは自分の思いではなんともならないことである。昔はへんぴな山奥に暮らし自然を楽しみながら生活することに憧れていたが、歳をとり、身体が動かなくなってくると病院やスーパーが近くにある便利な都会がよいと思ってくるものなのだろうなと想像する。(私は実はまだまだそんな歳ではないが、もう20年もたつとそう思っているような気がする。)

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>「人間ドック」の受診である
人間か犬かはっきりせんかい!え?「dock」ですよね、我ながらおもろない。
 縁起でも無い話なんですがご近所おやぢさんが60半ばでガンが発見されそれから3週間で・・・でした。
 屈強な体躯を持ち主でワタシみたく健全な生活をしていたとお見受けしていたのですがねぇ。
 退職してから健康診断を受けて無くて発見が遅れたそうな。
 「猛き者も遂には滅びぬ」って事ですね。

>家族はすごい負担になる
ウチの道路向かいの奥様もパーキンソン病でディケアサービスを受けてましたが一応御自宅でダンナさんが面倒見てましたがそりゃもう壮絶なものでした。
 時と言うものは残酷なもので誰にでも平等なんですよね、若い若いと自分で言うてて気がついたらおやぢになってるし・・・とりあえず何事も健康第一ですな。

うんちく | URL | 2012年06月30日(Sat)14:02 [EDIT]


うんちくさん
>退職してから健康診断を受けて無くて発見が遅れたそうな。
健康診断で異常が発見され、一命を取り留めた人も多いと聞きます。しかし、人間ドックは結構高額であり、退職して微々たる年金生活の中で果たして受診できるのかどうか・・・? 
 消費税は上がるわ、年金支給額は下がるわ、遅らされるわ、なんという悪政でしょう!社会的な役割を終えた者ははやく居なくなってしまえ。と言われているようです。
 まだ元気なうちにやりたいことやって、食べたいもの食べて、行きたいとこへ行っておくべきでしょうね。
 なんだか話しが変わってしまいましたが。
 うんちく先輩もどうぞご自愛くださいませ。

四方山果無 | URL | 2012年06月30日(Sat)17:46 [EDIT]


四方山さん

お母さん、お大事に。
私の父は、不治難病の‘筋萎縮性側索硬化症’を患って13年前になくなりました。
篠沢教授(クイズダ-ビ-にでていた学習院の教授です)と同じ病気です。
半年の入院の後、その後は在宅介護の日々です。
何が大変って、痰の吸引を昼夜問わずしなければならないことです。
母は早々ギブアップ。私とかみさんとで交代しながら、し続けたのが
5年間です。吸引できるのは、医師、看護士、身内の者にかぎられ、
ヘルパ-はダメという、訳のわからないきまりが存在していました。
のどに穴をあけて呼吸器をつけているのですから、
たんは、自力で出せれないので、吸引が必要になるのです。
日中は母がするのですが、夜が不規則ですから・・・。
オヤジには、お金のかかる東京の私大に行かせてもらって、
3年の時に、馬鹿息子のために、車まで買わせたのですから、
頭が上がりませんでした。
頭はしっかりしているのですが、手足が次第に衰弱していくのですから
たちが悪いですよね。
ただもう少し、いい顔して接してあげればよかったなと
なくなった後、後悔しました。
ですので、四方山さんも頑張ってください。

それから、長くなりましたが
膝の調子はいかがですか。
私は、月に1度整体(骨の矯正)にいっています。
10年以上通っていますが、おかげで肩こり、腰痛が無縁になりました。
大げさな言い方ですが、膝が痛いのは骨盤がずれているので
痛みにつながるとも考えられます。
整形外科医は患部に注射、もしくは電気を当てる治療しかできません。
痛みをやわらげるのみで、根本の治療になっていないかも。
また、それだけで直るかも。原因がわからないので
なんともいえませんが・・・。
お大事に。

ついついながくなって申し訳ないです。

のらくん | URL | 2012年06月30日(Sat)18:30 [EDIT]


のらくんさん
 コメント有り難うございます。
 のらくんさん大変だったんですね。老いてゆくことは誰しも同じでしょうけど、病気の場合、しかも治療方法が確立されていないものは辛いですね、対処療法しか出来ず、いかに進行を遅らせるかということでしょうが、医学の更なる進歩を待たざるを得ない所がありますね。
 親の事にしても、自分自身の事にしても、いずれは通らねばならない道なのでしょう。
 頂いたメール、参考になります。また、励ましの言葉感謝です。
 膝については、まだ、完全ではないのですが、主治医はCRP定量が基準値より下がったので完治!と宣言しておられました。(まだちょっと痛いのですが・・・。)

四方山果無 | URL | 2012年06月30日(Sat)22:05 [EDIT]


金曜日はすみませんでした。

お母さん、お大事に。
家族の負担も相当なものだと思います。
疲れの出ませんように。


Gやん | URL | 2012年07月01日(Sun)09:44 [EDIT]


Gやんさん
コメント有り難うございます。
自分では何一つできなくって、奥さんや父親に罹る負担を思うと結構辛い状況になります。
また愚痴を聞いてやって下さい。

四方山果無 | URL | 2012年07月01日(Sun)20:10 [EDIT]