FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

オートマ配管撤去他

 関西も梅雨入りした土曜日、明日から農業用水路に水が来るのだが、先週の週末、結構一生懸命田植え準備をしたので後は水が来るのを待つばかりとなっているのです。
 ということで、寸暇も惜しんで”クロ”のレストア作業を・・・・とエラソーに言うほどの作業はしていないのですが、相変わらず牛歩の歩み、カメにブレーキ、日陰のナメクジのような作業をやっています。
 今日は、まず、ウインドウモールの取り外し及び研磨。
モール
 手前が研磨したモール、そして後ろが未処理のもの。違いがわかりますか?わかりません?そうですか。
モール研磨
 お次はエンジンを取り降ろすための準備作業の一つ、オートマチックフルードのリザーブタンクの撤去です。
ポンプ
エンジン最後端にあるオイルポンプの配管を外します。
フルード
配管は外れました。
取れました
フルードは約2.5リットル。
リザーブタンク
IN、OUTの配管を外して、リザーブタンクを取り外します。
負圧切り替え
ついでに、負圧切り替え弁も外します。これは、インテークマニホールドの負圧でクラッチ作動用のタンクを負圧にし、シフトノブを押し込むことにより、電気接点が閉じ、バルブを作動させ、クラッチに接続されたダイヤフラムが引きつけられてクラッチが自動的に切れるという機構のようです。
負圧タンク
これが、負圧タンクです。なかなか器用な構造ですね。
今日はとりあえず、エンジン降ろしのためのステップがひとつ進みました。次はマフラー周りの遮熱板や、ヒーターダクト、ヒートエクスチェンジャあたりの撤去を行いたいと思っています。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

自虐な四方山さん
>カメにブレーキ、日陰のナメクジのような
 若しくは「横板にトリモチ」でしょうか?(爆)。
 え?「うんちくにG180WEだろっ」ですと?
御意m(._.)m

先にシャシーとボディーをやりましょう。
 クーペが完成したらお手伝いに参りますヨ。
(完成したらですから)

うんちく | URL | 2012年06月10日(Sun)10:20 [EDIT]


うんちくさん
 仰るとおりボディとシャーシをやります。
 本日くらがり峡谷のミーティングに初めて行ってきました。その帰り、カッコイイワーゲンビートルを発見しました!一気にテンションが高まりました。(でも今日だけだと思いますが・・・。)
 うんちくさんのクーペ完成を首を長~~~~くして待っています。

四方山果無 | URL | 2012年06月10日(Sun)23:04 [EDIT]


古いATフルードは大事に残していた方が良いかもしれません。この手のATに新油を入れるとマッチせずに不調を生じたりするそうです。で、古いフルードを戻すと元の調子に戻るとか聞きます。

リバー | URL | 2012年06月12日(Tue)00:07 [EDIT]


リバーさん
>古いATフルードは大事に残していた方が良いかもしれません。
おおっ!残念ながら捨ててしまいました。しかし、スポルトマチックは部品もなく、一度こわれたら修理が利かないとなにかの本で読んだことがあります。カルマンギアは極力シンプルにしようと思っていますので、実はマニュアルミッションを購入したのです。そちらの方も既に化粧直し済みです。

四方山果無 | URL | 2012年06月13日(Wed)00:21 [EDIT]


この時代のオートマでも入切は電気接点と負圧なのですねぇ。
合理的に作られるVWのことだから、電気を使わずに対応されているのかと思いましたが。

Gやん | URL | 2012年06月13日(Wed)05:03 [EDIT]


Gやんさん
 電気といっても負圧の切り替えバルブが電磁式というだけで、単にスイッチをオンオフしているだけです。クラッチ付きのセミオートマです。進化途中の技術というイメージですかね。なかなか興味深いですね。
 先日、くらがりの帰りに見たワーゲンに刺激され、何だか今は随分カルマンギアのレストア意欲が湧いています。
 かつて、ボンネットにプラサフを塗装した時、その後一気に進んだ117クーペのレストアの時のような気分です。

四方山果無 | URL | 2012年06月13日(Wed)21:15 [EDIT]