FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

下回りの清掃

 ゴールデンウイークも後半に入り、可処分時間がどんどん減っていく割には、やりたいことが進まない。
 この休みの間にやったことは・・・Gやんさんのところで筍掘り、ストーブの片づけと扇風機出し、網戸の装着、マニアック息子を刀剣博物館へ、畦の草刈り、高校時代の友人と懇親会、アマチュア無線再開に向け、少しだけ準備、ブルーレイレコーダの購入とセットアップ、ウィザードの洗車ワックス、スピードウェルに117クーペ全塗装の様子見、図書返却、奥さんの買い物のおつきあい、パソコンのデータバックアップ、117クーペオーナーズクラブの雑用を少し・・・・何だか色々とやっているうちに時間だけが過ぎていったという感じです。そして後、やることは、京都の友人に会いに行く、水田の荒起こし、苗代の準備・・・・と友人会いに行く意外は何故だか労働ばかりが残っているのだ。
 さて、今年の連休に入る前、連休中に”クロ”のエンジンを降ろそうと考えていた。”クロ”のレストアはまだまだ沢山の作業があり、少々重そうな仕事はある程度時間の余裕がある時に・・・と思っていたのだ。
 サラリーマンの私の1年間のうち、時間的余裕がある時期といえば、年末年始、ゴールデンウイーク、お盆前後ぐらいであるが、夏は暑い、冬は寒い、一番車いじりに適しているのがこのゴールデンウイークなんですね。まー、夏が暑いだの冬が寒いだのと言っていると本当に作業する日にちなんて限られてしまうので、それなりにはやっていますが。
 前置きが長くなりましたが、昨日、あわよくばエンジン降ろしをと思いつつ、”クロ”を押し出し、ジャッキアップして馬を掛け、リヤの両タイヤを外しました。そしてボンネットフードも撤去。
 タイヤを外してまず、目に付いたのはシャーシに堆く積もった積年の泥。実はこれは先日、”たま”のタイヤを”クロ”に装着した時に気づきました。この泥は・・・・スピードウエルで20数年置かれていた時にはつくはずはなく、どちらかというと、落ちていくはず。すると、これは、カリフォルニアの土か・・・?とおもったりする。
1.下回り清掃 009
 まずは高圧洗浄機で下回りの清掃をする。
2.下回り清掃 011 3.下回り清掃 018 4.下回り清掃 032 5.下回り清掃 036
 一枚目はミッションとハブを接続するCVジョイント、二枚目は右のシリンダヘッドカバーとヒートエクスチェンジャ、3枚目はその左、4枚目は洗浄により取れた泥です。家庭用の高圧洗浄機の圧力はそれほどでも無いのか、なかなか思うようには取れません。(網戸洗いには重宝しますが・・・)
 その後、スクレーパーで、残っている泥や、剥がれかけているアンダーコートを取ります。
 思うんですが、レストア作業をやっている時に一番よく使う工具はこのスクレーパーではないかと思います。錆を落とす、油汚れを落とす、泥を落とす・・・・。かつて117クーペをレストアするときに買った3本セットのスクレーパーは随分年期が入ってきました。
6.下回り清掃 038
 だいぶスッキリとはしました。ショックアブソーバーが赤いけど、もしかしてコニーが付いているのかも知れません。
7.下回り清掃 042
 リヤハブは4穴、PCD130、ドラムブレーキです。
8.下回り清掃 051
スクレーパーで泥を落としていると、アンダーコートも剥がれてきます。後日、全面にアンダーコートは塗りますが、元の塗装はあんまり剥がさない方がいいのかも知れません。
9.下回り清掃 050
削り落とした泥です。今回は後ろの方だけしかやりませんでしたが、次回は前と中央部も洗浄せねばと思っています。
 結局この日はエンジン取り下ろしにまでは至りませんでしたが、エンジンやミッション、その他補機類の観察も出来、次の作業のシミュレーションが出来そうです。(しかし、連休のがしていつするのか・・・?)
 それともう一つ思ったのが、”クロ”のシャーシは”たま”に比べるとすごく程度が良いということ。タイヤハウス内に錆は無く、シャーシ端部も全く錆びていません。これは非常にありがたい状態だと思いました。
 
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご無沙汰しております

 折角の連休も、残りあと僅かですね。

 作業計画、実作業、写真撮影、作業日記、家族サービ
ス、業農作業他、相変わらずお忙しいようですね。
 さて、旬の味覚、筍の日記拝読しました。我が家においても、大きな筍、天ぷら他調理してもらい食しました。天塩の筍は、最高でした。

 話しは変わりますが、117クーペの全塗装の仕上がり楽しみですね。カラーは、前色と同じですか。又、お披露目楽しみにしております。以上 ネクストオネスティー






ネクストオネスティー | URL | 2012年05月04日(Fri)11:12 [EDIT]


ネクストオネスティーさん
 ご無沙汰しております。
 相変わらず煩悩深い日々を送っています。117クーペキツネ号は前と同じシルバーメタリックにしてもらうようお願いしています。先日スピードウェルに見に行ってきたのですが、何層にもシルバーメタが塗ってあるとのことでした。私が塗ったのは1回切りなので、前のオーナーが一度塗られたのかも知れません。ボディはあちこちが錆ており、それなりの補修が必要とのことでしたので、まだ暫く時間はかかりそうです。
 完成したら、お披露目させていただきます。

四方山果無 | URL | 2012年05月04日(Fri)22:25 [EDIT]


このサスペンションを見ますと、ヘルパーの大きなゴムがあります。車輪を接地させると、あて板とゴムの間隔が狭くなる筈です。そうするとコーナリングでは傾いてゴムを当てて固定し、反対のサスペンションはダンパーの伸び側を強くした物が良いかと思います。

リバー | URL | 2012年05月05日(Sat)12:35 [EDIT]


朝から大模様替えでウズ高く積もった本をひっくり返してたら・・・読みふけっちゃった(爆)。
で!読んでたOT誌の記事の中でP914のエンジンをOHしてたんですがシリンダとピストンセットの1800ccボアアップキットが450$とか、これ安めちゃ安いやん。
 案外ボディーの状態は良いのですから先にエンジンボアアップして積んで車検取っちゃいましょう!
 とギャラリーはいつも暢気なんですよね、御同輩!

うんちく | URL | 2012年05月05日(Sat)15:00 [EDIT]


リバーさん
>反対のサスペンションはダンパーの伸び側を強くした物が良いかと思います。
・・・・ということは、ガスショックの方が望ましいということでしょうか?
 実は、既にレストアのため、中古(と言っても非常に生きのいい)の調節式コニーを買っちゃいました。今付いているのもコニーのようです。ワーゲンは未知の世界です。レストア成って乗れるようになると色々と問題も出てきそうです。でも、それも楽しみかも。

四方山果無 | URL | 2012年05月05日(Sat)17:54 [EDIT]


うんちくさん
>案外ボディーの状態は良いのですから先にエンジンボアアップして積んで車検取っちゃいましょう!
そうなんですよねーボディの状態は”タマ”の状態を見ているだけにかなり良い!プロならば、一ヶ月もかからずに復活できるのではないかと思ったりします。でも、そこは素人。”かける時間は至福の時間”少しでも長く楽しまねば・・・・と、負け惜しみばっかり言っています。

四方山果無 | URL | 2012年05月05日(Sat)17:59 [EDIT]


たぶん今のコニーは後付けでしょう。
車体が軽いのでビルシュタインではサスペンションのストロークが上手くいかないでしょう。かなり容量が低いものなら別ですが。
調整式でしたら、走りながら自分に合う設定ができそうですね。

オリジナルはボーゲとかではないでしょうか。

リバー | URL | 2012年05月07日(Mon)20:02 [EDIT]