FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

書評「海の翼」秋月達郎

 明治32年9月、和歌山県の最南端、大島の沖でトルコの軍艦エルトールル号が遭難した。台風で荒れる海の中で大島の村民はこぞって遭難者の救助を行った。乗組員600名あまりのうち、生存者はわずか69名であった。幸いにして生き残った彼らは、日本の軍艦2隻により、トルコの首都イスタンブールまで送られた。
 

1980年代後半、中東の国イランとイラクは8年にも渡る長い戦争の渦中にあった。しびれを切らしたイラクの大統領サダム・フセインは最後通告として、イラン上空を飛ぶ飛行機を無差別攻撃すると伝えて来た。
 この国に働きに来た人々や観光客は、大いにあわて、自国から迎えに来た特別便で、イランを離れた。しかし、日本からは迎えの飛行機は飛ばなかった。自衛隊は法律上の制約から。民間機は労働組合の反対からであった。多くの外国人が去って行く中、取り残された200名を越す邦人は不安におののいていたのである。
 そんななか、在イランの日本大使は友人でもあるトルコ大使に日本人を戦禍から救うため、特別便を飛ばしてくれないかと依頼した。トルコは自国民がまだ600人もイラン国内にいるにもかかわらず、日本大使のこの依頼を快く引き受けてくれた。大使の心の中にはエルトールル号があったのであろう。欧米各国の飛行機は、自国民のみしか助けることなく冷たく去って行くなかでである。その裏には100年前の恩義があったからだ。
 エルトールル号遭難事件は、日本国内では、あまり知られることもなかったが、トルコへ帰還した乗組員は日本の、そして日本人の手厚い援助に心うごかされ、感動をもってその話を後世に伝えて来たのである。
この話はトルコでは小学生の教科書にも載っているという。「日本人が困っていたら、次に助けるのは我々だ。」という気持ちを100年間ずっともち続けてくれたのである。
 感動的なこの二つの出来事を繋げ、これから先の日本とトルコの関係をすばらしいものにしたいという作者の気持ちが痛いほどに伝わるすばらしい小説である。
 しかしながら、作者は不安も表している。日本人は忘れ安い民族であること。トルコ人より篤くない民族であることなどである。イラン・イラク戦争におけるトルコの民間機の勇気ある救援活動については日本人のいったい何人が知って入るのだろうか・・・。
 こんな逸話には本当に心動かされる。浪花節ではないが、日本人とトルコ人の間だけでなく世界中のすべての人々がそんな気持ちをもつことができれば、もっと住み良い世界になるのではないかと思う。
 ご一読を。
photo.jpg

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>感動をもってその話を後世に伝えて来たのである。
 この話しはワタシも何かで読んだ記憶が有りますし、具体的な事は書きませんがインドネシアに台湾にイスラエルにと類例は数多ですね。
 自虐もタマには必要かも知れませんが程度問題かと?
 

欠食児童 | URL | 2011年12月20日(Tue)23:38 [EDIT]


欠食児童さん
>自虐もタマには必要かも知れませんが程度問題かと?
すみません仰っている意味が分かりません。どういう意味ですか?

四方山果無 | URL | 2011年12月21日(Wed)00:52 [EDIT]