FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

書評「永遠の零(ゼロ)」(百田尚樹)

 素晴らしい操縦技術を持ち、愛する人のために絶対生き抜くと決めた零戦パイロットの話。

自分の祖母の前夫、特攻で死んだ祖父のことをその孫が調査する。祖父の人となり、生き方や考え方を当時の祖父を知る者から聞き取り、徐々に祖父の姿が見えてくる。

 敗戦後60数年を経た今、戦争に駆り出され幸運にも生還出来た人たちも高齢となり、数少なくなってきている状況の中、戦友会から紹介された祖父を知る人達の話は、それぞれに深いものがあり、また今に引きずる深い傷がある。終戦後、いままで、決して人には語らなかったという話しを初めてしてくれた人もいた。

永遠のゼロ


 

 当時祖父を憎んでいた者、尊敬していた者、ライバルと思っていた者、みんなが、祖父のことを好意的に見ていたわけではないが、良く思っていなかった人の話の中からも祖父の面影が見えてくる。

終戦直前に特攻で死んだ祖父。なぜこれだけ命を大切にしてきた祖父が最後の最後に特攻に行くことになったのか?それは、当時の権力や上官そして国民からの無言の圧力、それらに対して刃向かえない雰囲気があった。特攻というとんでもなく馬鹿げていて、非人間的な行為を行った大本営と、そこに集まるエリートというバカ集団の愚かしい行為が原因であった。
戦後、極東軍事裁判で裁かれた多くの戦犯。敵対国が、自国の兵士に対して行った非人間的行為や、国際法への違反行為によって裁かれたのだが、これは日本国民の多くの落とさなくても良かった命を落とさせた、いや、死を強要された日本兵の供養にもなったのかも知れない。

 話はそれたが、祖父が特攻に行くその時にもこの物語において大変重要な出来事があった。主人公が行った聞き取り調査が進むにつれ、祖父をとりまく友人、知人、ライバルが、戦後生き残って祖父のために陰になりながらも、祖父の配偶者、つまり、主人公の祖母を守っていたことが除々にわかってくる。最後の最後に祖父が特攻したアメリカ空母の当時の乗組員が祖父の死に際の情景を語る。しかしそれは、主人公である孫には伝わることはなかった。

 取り留めの無い文章になってしまったが、この小説は、戦争の悲惨さと、愛する者に対する一番の愛の表現は生き残るということ。そしてこの意識を常に持ち続けることの大切さを説いている。

 そしてもう一つの大きなテーマは大本営が終戦直前に犯した大きな犯罪である“特攻”。これがいかに非人間的な行為であり、愚かしい行動であったのかということであると思う。勝算がなくなった戦争を止めることのできない軍隊という組織、特に上にたつものの無能が、大きな悲劇を引き起こすという事例を紹介したものであること。もっと言えば日本人の気質これがこんな不幸を招いたのである。

 戦闘と特攻は大き違う。戦闘は、あわよくば生きて戻ってこれる。しかし、特攻はたとえ目的が達成出来たとしても帰還することはできない。帰還出来る物理的な手だて(たとえば帰りの燃料とか、)は講じられておらず、文中にもあるが、攻撃が成功したら帰還してよいか?という問いに対して上官は“否”と言っている。これはいったいどういうことなのか?全く理解に苦しむのである。“特攻”の目的は戦争に勝つための手段ではないのか?徒に大切な命を失わさせることが目的であったのか?この大きな違いに、若い兵士達はきっと深く悩んだであろう。

 Fさん、素晴らしい小説を教えてくれてありがとう。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する