fc2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

鹿児島旅行(その6)霧島

大隅半島の西岸、桜島から北上してゆくと国分という所がある。そこから高速道路に乗り、鹿児島空港で降りる。どこかでみたことあるようなサッカーボールが・・・。おーボンバルディアらしき飛行機が・・・。おっ!ここにも茶畑がある。
クウコウレーダー ボンバルディア 茶畑
そこから約30分、霧島温泉に到着。真正面のホテルが今回泊まった所です。町中はあちこちに湯気が出ていて硫黄の臭いがすごい。ホテルの露天風呂にも自噴の泉源があり、ぼこぼことお湯が湧いている。以前行ったことのある別府温泉もあちこちに温泉がわいていたけど、こちらもすごい。ここのホテルには”焼酎バー”というのがあり、200種類ほどの焼酎がずらりと並べてある。鹿児島市内や空港の夜景をみながら、美味しい焼酎を何種類か楽しんだのでした。
温泉街 湯気 町並み
さて、翌日は朝から”えびの高原”を目指す。道路際には温泉がわいているのか、湯気が上がっている箇所があった。また、道路に打ち込んだ鉄管の先からも湯気が出ている。この辺りはどこでも温泉がでるのだろうか?
生憎のお天気で、車の外は一面霧の中(実は雲の中かも)ヘッドライトを点けるが徐行しないと危ない位に霧が濃い。途中大浪池方面への分岐があったが、例の新燃岳噴火の関係なのか通行止めになっていた。えびの高原の硫黄山登山口に着くころ、周囲は少し晴れてきた。しかしながら、あまり見通しも良くなかったので、少しだけ写真を撮り、”えびのエコミュージアム”を見学し、鹿児島へ戻ることとする。
硫黄山 えびの高原登山道 えびの高原2
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する