FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

映画「若者たち」

 太郎(田中邦衛)、次郎(橋本功)、三郎(山本圭)、オリエ(佐藤オリエ)、末吉(松山省二)1960年代後半、両親を失った5人兄弟が喧嘩しながらも、懸命に生きていく姿を現した映画。「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 (家族編)」の1本としてBSで放映されたもの。

 工事監督をして弟達を育てた長男太郎は、長屋生活から抜け出し、家を建てるのが最大の夢。親会社の監督の娘との縁談の中で、学歴のない自分に対して大学卒の4倍も5倍もの年月を掛けてやっと追いつくという生活には付いてゆけないと言われ破談。次男は妾の娘とさげすまれ、働いている工場がつぶれて日用雑貨を売り歩き、あげくに労働組合の幹部に金を持ち逃げされ飲み屋の女給になったマチ子を立ちなおさせる。学費闘争にあけくれる大学生の三男は、大学をやめ看護士になるという友人河田靖子(栗原小巻)の生き方に心動かされる。末吉は、浪人して大学の一次試験には合格するが、二次で不合格、働きに出るという。が学歴が無く苦労をしている太郎に大反対される。長女オリエは喧嘩の絶えない兄弟に嫌気がさし、マチ子のアパートに実を寄せるが、マチ子の姿を見て生活の厳しさを知る。そして、工場へ働きに出る。そこで被爆者の戸坂(石立鉄男)と出会い恋に落ちる。生活の厳しさを知ったオリエは、家に戻ってくると自分も兄たちと同じように働きに出るとする。
1960年代後半、日本は今だ戦後の貧しさを引きずっていた時代。懸命に生きる人々の暮らしや、工場の姿、労働組合運動、若者達の夢や苦悩が5人兄弟の生活をとおして描き出されている。
この映画を特徴づけているのは食事風景と兄弟喧嘩の場面だと思う。長屋での兄弟の食事風景。とにかくガッつく。生きる執念を表すかのような風景。そして、工場やアパートでの食事風景。食べることとはこれほどまでに人間の本性をあらわにするものなのか。そして喧嘩の場面。これもまた凄まじい。ちゃぶ台返しなんて大したことはない。ふすまは破れ、ビール瓶をつかんで殴りかかり、あらゆるモノが飛び交い、そして壊される。その喧嘩の中で飛び交い、壊されるのは物だけでなく兄弟それぞれの思い、思想、そして苦悩なのである。
最後に三郎、末吉がトラックの荷台に乗り明日に向かって労働をしに行く場面、そして、オリエの戸坂との再会が明るい未来を予想させて映画は終わるが素晴らしい映画であった。元はテレビドラマであったが後に映画化されたもので、他にもシリーズ物がある。主題歌の「若者たち」も大ヒットした。私もこの曲は中学校の音楽の教科書に載っていたので知っている。この映画がデビュー作となった佐藤オリエさんの庶民的な素朴な笑顔はとってもよかった。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

この映画は観ていません、チャンスがあれば観たいと思います。
出演者が味のある俳優さん達で、その若かりし頃も見てみたい興味も湧きました。

信じてもらえないと思いますが、私も幼少のころは、この映画に近い境遇で育ちましたよ。

Gやん | URL | 2011年06月19日(Sun)21:26 [EDIT]


Gやんさん
 味のある俳優。そのとおりですね。初めて見た時はうっとうしい!と思いましたが、2回3回見るとじわっと感動が!DVDにダビングしましたので、進呈しますよ。

四方山果無 | URL | 2011年06月21日(Tue)00:28 [EDIT]