FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

書評「愛しの座敷わらし」(荻原浩)

ざしきわらし1
「愛しの座敷わらし」読み終わりました。座敷わらしのほっぺのように、心がぽっと赤くなる小説でした。

 この中では小学生の智也の活躍が大きいですね。一番最初に座敷わらしをみつけ、自分の弟のように思いやるのが微笑ましい。そしてもう一つの大切な場面は、母親の史子が座敷わらしを初めて見て心が不安定になったとき、それまでお互いに距離感があった父親の啓一と中学生の娘、梓美がタッグを組んでフォローする場面(ただし、問題をはき違えていたってことはありますが・・・)、いいですねー。そして、小説の全部を通して荻原さんのコミカルな表現があちこちで冴えをみせています。
この小説は座敷わらしが主とはいえ、これは家族各々みんなの思いやりとか優しい気持ちを描いた小説なんですね。誰しもが現代において信じられるものではない「座敷わらし」を垣間見たことによって、混乱する者を別の家族がいたわり、そうする中で自分自身の生き方とか、役割を認識していく。良くできた小説だと思います。
一つだけ厳しい場面として、お隣の米子さんの親戚の家で、座敷わらしとはなにかを聞いた時、その説明を子供達にする場面があります。「間引き」の話しです。曖昧に流してはありましたが、子供にこれを説明するのは大変なことであり、聞かされた子供も大きなショックを受けるでしょう。さっと流してしまっているのは、少々残念でした。
でも、ラストはよかった。実は再度の引っ越しが決まった時、最後はどう締めくくるのかな?とずいぶん気になってしまいましたよ。
愛しくて、健気で、ちょっと悲しくて、ほっとする小説でした。
 Sさん、いい小説を紹介していただきありがとうございました。

ざしきわらし2

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する