FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

カルマンギア復活プロジェクト(その16)ふたたびブラスト

 久々の登場です。 ブラストキャビネット 今日はちょっと趣を変えて、先日来溜まってきたサビだらけの部品をサンドブラストしましたよ。対象物は、穴あきフロアパンから切り取ったジャッキアップポイント、バンパーステー、ブレーキドラムです。ブラスト前は・・・・。 ブラスト前 ブレーキドラムブラスト前 で、ブラストを掛けると・・・。 ブラスト後 ブレーキドラムブラスト後 え、あんまり変わっていない?そ、そうなんですよ。ジャッキポイントは浮きサビが全部取れて地金は出たんですが、かなりのサビで、肉厚が薄くなってしまっています。ブレーキドラムは堅固な塗装がなかなか落ちません。話しはそれますが、このドラムの模様、見てみて下さい。なんでこんな模様になっているのか?それはホイールを付けたまんまスプレーで吹いたのでしょう。前の持ち主のカリフォルニアの方はラフ?な人だったようです。 この水色の塗装の下に、赤茶色の錆止めのような塗装がかかっていましたが、これも、同じ模様でした。錆止めを塗っているので几帳面かと思いきや・・・・。です。  そうこうしている内に、先日インターネットで注文していた左側のフロアパンが配達されてきました。梱包を剥いで見ると・・・・・? フロアパン フロアパン裏  ずいぶん管理状態が悪いようです。それとも輸送上問題があるのか?折角塗装されているのに傷だらけです。それとも、南米産の半製品なんて所詮こんなものなのか?プレスのひずみのためか、切り込みが入っている。 あちこちに切れ込み ボディを接合するためのボルト穴は開いていない。 ボディ接合穴はない  センタートンネルと接合する部分は直線すら出ていません。フォルクスワーゲンはドイツの車。几帳面なドイツ人がする加工とは思えませんので、当然純正部品ではないのでしょうが。  ま、消失してしまったフロアパンを一から作る事を思えば、この程度のラフさは大目に見なければならないのでしょうね。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お~~~~!ついにパネルが来ましたね。
 これ付けるともう出来上がった気分になりますよ。
 地味な作業ばっかやってると段々落ち込んできますからね、私の時もボンネットだけ新品同様に仕上げてやる気を鼓舞したりしたもんです。
 >この程度のラフさは大目に
 特にラテン系のクルマのリペア部品は酷いらしいですね。
 社外所か純正でさえ「全然合わへんがな」の連続とか?
 所でブラストですがウチはキャビネットなんぞ置く場所が無いので専らホィールブラシで落として入り隅部だけスポットブラスタでやってます。
 コンプも小さいのでブラストよかブラシの方が話しが早いんです。
 羨ましいなぁ・・・・

うんちく | URL | 2010年08月30日(Mon)00:19 [EDIT]


うんちくさん
>これ付けるともう出来上がった気分になりますよ。
私も!これ見るだけでできあがったような気分で・・・。だから、多少のアラも・・・。
 ブラストは、メディアの選択が大事なのか、先日アス○ロで買ったアルミナ#100と言っていたメディアはちっとも効かない。私も、ワイヤーブラシとスクレーパーとの併用ですよ。
 地肌を出したいブツがあれば送っていただければブラストしますよ。

四方山果無 | URL | 2010年08月31日(Tue)08:25 [EDIT]