FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

マニアックな旅(呉・岩国・宮嶋)

 先週、旅行に行ってきました。少々マニアックなのですが、広島県の呉にある「大和ミュージアム」そして、そのお隣の「鉄のクジラ館」他・・・。映画「男達の大和」以来有名になった?のか以前、尾道のドックにあった映画のセットの一部も駐車場に展示されていました。
 展示物は戦艦大和の模型、戦時中の風俗、沈んでいる大和の調査の模様、各種戦争のために作られた船の模型、零戦、人間魚雷”回転”等々。
1.ヤマト 2.零戦 3.コクピット
4.零戦エンジン 4.5.無線機
まー、こういう人を殺すための機械を見ると複雑な心境になるのですが、技術的な興味は非常に強く、一度構造を見てみたいとか思ってしまうんですね。しかし”大和によって培われた技術が戦後も多くの分野に役だっている・・・・”なんて宣伝文句を聞くと事実はそうであっても、少々気分が悪くなってきました。 特に興味を引いたのが、零戦のエンジンと、かなり小型の無線機です。昔はこんなレシプロエンジンが空を飛んでいたんですね。
 お次は隣にある海上自衛隊のPR館。大きな潜水艦が展示してあります。管内では主に「掃海」と言われる機雷処理の仕事が説明されていました。まー潜水艦とはあんまり関係ない内容ではありましたが。
 潜水艦の内部については、自分は閉所恐怖症でかつ窒息恐怖症でありながらも、非常に興味があったのです。
5.鉄のクジラ館 6.潜水艦の運転席 7.たくさんの配線 8.パッシブソナー?
潜水艦のイメージとしてはもっと狭く息苦しいものかとおもっていましたが、以外と広く快適そうでした。ただ、展示用に明るい照明がつけられているので、そう思っただけかも知れませんが。
 船内はかなりメカニカルな雰囲気で、壁面にはむき出しの配線や配管、機器類がたくさん付いていました。本当は一つ一つじっくりと見て生きたかったのですが、立ち止まると、後ろが渋滞するので、通過するのみとなってしまいました。
 呉で2カ所の見学を終え、お次は山口県岩国市へ。今回のメインの観光地です。
9.錦帯橋 10.素晴らしい構造 11.構造拡大
 岩国と言えば錦帯橋。今度は木造建築の素晴らしい構造を見学しました。以前より一度は見に生きたいと思っていた橋でしたが、ようやく見る事ができました。
11.5嫁さんと息子 12.夜の錦帯橋
どうもIEの調子が悪いので、今回はこれまで。次回に続きます。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ゼロのエンジンは、地元のマツダの協力によって復元されたものです。

リバー | URL | 2010年03月24日(Wed)00:04 [EDIT]


リバーさん
 広島と言えばマツダですよね。マツダ車は関西に比べて多く走っていると思いました。
 あの星形エンジンは興味があってしげしげと見ていたのですが、いまいち構造がわかりませんでした。ただ、排気音はうるさかっただろうなと思いました。

四方山果無 | URL | 2010年03月24日(Wed)00:23 [EDIT]


このエンジンは有名な栄です。
そして星型エンジンです。

会社にある車は、マツダとミツビシが大半です。
地元に工場があるので、特にこの二社となっています。

名古屋に行った時、全く見かけなかったので、ビックリしました。唯一、ロードスターを見ただけでした。

リバー | URL | 2010年03月24日(Wed)20:17 [EDIT]


星型エンジンを含めてこの時代のエンジンにはちょいと煩いですワタシ。
 とは言えあんまりエラソーな事書くとお叱りを受けそうなんで詳細はこの辺で・・・
http://www.ne.jp/asahi/airplane/museum/nakajima/sakae.html
 これ全部読んで理解出来たら栄エンジンの組み立てから始動迄全部出来るのではと?
 関西地区ではこの類の品の展示は少ない様ですのでこちらにいらした折にはBMWライセンスの航空機用国産倒立水冷V12とか日野製の戦車用ディーゼルエンジンとか・・・当時の国産技術の粋を集めたエンジンの現物をご覧戴ける様案内させて戴きます。
 オマケで国産初のジェットエンジン「ネー20」の現物も拙宅近くに有るんですが・・・流石に無理鴨(汗)。
(コンテッサ900も有りますよ)

うんつく | URL | 2010年03月24日(Wed)23:22 [EDIT]


リバーさん
 「栄」というエンジンの名前は聞いたことがあります。その時代にあった技術をいかに高めるか。という究極のエンジンかも知れません。
 マツダと三菱・・・・自動車は自分が乗りたいと思う物に乗りたい!たかが”道具”(機械?手段?)とは言え、そこには夢もこだわりもあるのですよ。生活(仕事)のためにそうせざるをえない状況があれば、精々道具として酷使するしかないですね。 

四方山果無 | URL | 2010年03月25日(Thu)00:08 [EDIT]