FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

稲刈り

 今年は1週間はやく稲刈りが始まった。元々瀬戸内は温暖な気候のせいか、田植えが遅い。近畿地方の北部や、北陸方面より1ヶ月も遅いのだ。かつてこのあたりは昔は二毛作をしていた。冬場は麦を作り、収穫が終わると、田植えをして稲作りをしていた。だから田植えシーズンは麦の取り入れと稲の田植えで非常に忙しかったようである。私が子供の頃・・・今から約40年前(うー歳がばれる)までは麦を作っていたのだが、収益が悪く、作業は大変ということで、やめてしまったようだが、その名残もあって、田植えや稲刈りが遅いのである。  今年は、若干田植えを早めたことと、台風が迫ってきているとのことで、早めの稲刈りとなったわけであるが、冷夏の影響もあまり受けず今年も豊作のようである。 田 稲刈り 写真はコンバインハーベスタで刈り取り脱穀を行っているところである。 コンバインで収穫した稲は乾燥機に入れ、約30時間ほど乾燥させる。刈り取り直後の稲は含水比約23パーセント。それを乾燥機に入れ約15パーセントまで乾燥させ、脱穀して出荷することとなる。 明日は仕事を休んで脱穀し、もしお天気がよければ次の田の稲刈りをする予定だ。  乾燥の管理は全て自動制御である。一定時間ごとに自動的に乾燥機内より、籾をサンプリングし、含水比を自動計測、3回の平均を算出し、設定値になれば自動停止を行うのだ。 乾燥機 測定器 これが、自動計測機器だ。農業もずいぶん楽になったものだが、結局高価な機械を導入し、採算が合わない作業をしているのである。唯一のメリットは安心できる新米が食えることぐらいか?  
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コンバインだけでも高価で元を取るのに大変だと思うのですが、乾燥機まで自前なんですね。
いつかはやってくる機械の更新時期が大変ですね。

kanican | URL | 2009年10月06日(Tue)23:30 [EDIT]


福岡では近年の温暖化で水温が上昇気味で
白くなってしまうみたいです。
毎年頼んでいる農家さんの所でも昨年は
出来が悪かったです。
今年はどうかな

ike117 | URL | 2009年10月07日(Wed)16:24 [EDIT]


kanicanさん

 農業用の機械はトラクターを除いて年間の使用時間は本当に短いものです。だから、使った後はいつも綺麗に掃除し、注油して延命を図っています。故障もたいていは自分で修理していますよ。お米だけはずっと作りたいので機械の更新計画もたてる必要があるのですが、農業収入だけでは絶対に更新は無理ですね。サラリーマンの給与でもって補填せざるを得ない状況です。

四方山果無 | URL | 2009年10月10日(Sat)06:17 [EDIT]


ike117さん

おはようございます。
今年は”冷夏”で、稲の生育がよくないという話はよく聞きますね。こちら、瀬戸内の方は毎年よく出来ます。気候に恵まれているからでしょう。今年も収穫は例年通りでした。幸せなことです。

四方山果無 | URL | 2009年10月10日(Sat)06:24 [EDIT]