FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

沼島へ

 淡路島の南にあるちいさな島「沼島」(ぬしま)へ所用があり行って来た。1,沼島遠景

「沼島」は周囲約10キロの小さな島で、漁師の島だ。そして神話の時代、イザナギとイザナミが混沌を矛でかき回し、引き上げた時に滴が落ちて出来た初めての国であると言われている。 もっぱら釣り人が多く訪れる島だそうだが、昨今は観光客も多くなってきたとのこと。 沼島へは淡路島の土生(はぶ)から連絡船が出ており、約10分ほどで着く。また、週に3便洲本からの連絡船もある。
2.連絡船
連絡船は昼間は約1時間半の間隔でしか出ていないため、用事が終わったのがちょうど連絡船の出た後であった。折角なので、1時間あまりの待ち時間、歩いて行ける範囲で散策してみた。
沼島の港には多くの漁船が係留されており、漁具がおいてある。まさに漁師の島である。しかし、多くの漁師さんは70歳を越え、高齢化が進んでいるとのことである。
沼島近辺でとれるもので有名な魚は「はも」、そのほとんどは京都へと運ばれる。京の夏の風物誌なのだ。
3.沼島の港
沼島は淡路島の南側に位置しており、瀬戸内の島ではない。紀伊水道やなると海峡よりも外側、太平洋側となる。集落のあちこちに津波の予想高さの看板がかかげてある。
4.津波の表示
先にも述べたが、沼島はイザナギ、イザナミという神話の世界からの島ということで、それにちなんで「おのころ神社」がある。細い山道を登っていくとその先に真新しい石段が築かれ、頂上にはこじんまりした神社があった。
5.おのころ神社への道 6.男の子路神社
石段の脇には・・・・7.おのころと読む
という石碑が。「おのころ」と読むのでしょうね?また、神社の裏にはイザナギ・イザナミの立派な石像がありました。
8.いざなぎいざなみ像
 島内のあちこちには樹木の繊維ような肌をした原石が多くある。あまり他所では見かけない岩だ。 9.桂化木
 次に訪れたのは、鎌倉時代にこの島を納めていた梶原景時の墓と言われている五輪の塔。梶原景時は源平合戦の時代、水軍を率いて戦ったとのこと。島の歴史は古そうである。
10.五輪塔看板 11.五輪塔
その五輪の塔のすぐ下には周囲を八角形に石で囲った、大きな井戸がある。沼島は井戸を掘っても元々真水が出なくて、塩混じりであったとのことで、現在は淡路島より、水道を引いている、水道だけではなく、電力も、通信も、海底ケーブルで来ているとのことだった。沼島にいると、まるで淡路島が本土のように感じてしまう。
12.八角井戸 13.八角井戸
更に、井戸の隣には室町時代に10代将軍足利義植によって作られたといわれている沼島庭園がある。民家の格子戸を開けて、入っていくと奥には山の斜面を利用し、池に石橋を渡した庭園があった。
14.沼島庭園看板 15.沼島庭園
船が着く時間が迫ってきたので、町中を抜けて船着き場の方へ戻ることにする。
帰りは集落の中の細い道を通って来ると、八幡神社、神宮寺がある。結構大きな神社や寺である。
16.八幡宮看板 17.八幡宮
神宮寺には非常に珍しいといわれている三面の鬼瓦が庭に展示されており、また句碑もある。
18.神宮寺看板 19.神宮司 20.三面鬼瓦 21.歌碑 22.鬼瓦
さらに船着き場へ向かう途中には、弁財天神社、船着き場の対岸には神明神社などがあり、この小さな島の中にこんなにたくさんの自社があるのである。天候や潮に左右される漁業の島であるだけに、神仏にすがる心がわかるような気がする。
24.弁財天 25.弁財天 27.神明神社
23.町中の井戸 集落の中で発見した共同井戸。通りの真ん中にあり、流し台なども整備され、きれいに整頓されている。日頃は近所の人たちの井戸端会議の場になっているんだろうなと思う。
26.センター これは沼島の中心となる市民センター。
わずか1時間弱の散策ではこれぐらいしか歩けないが、沼島にはこのほかに、沼島八十八カ所礼状巡り(4~5時間コース)や、高さ30mの岩が会場にそそり立つ「上立神岩」、世界的に有名な地層「鞘型褶曲」などがあり、夏場は海水浴場もあります。港近くには民宿もあるので、1泊2日くらいで来ると、十分楽しめるのではないかと思います。
自分にとって、「沼島」は淡路島の南にある小さな島という以外のイメージしかない。唯一高校生の時に、生物部のメンバーが毎年ここにキャンプをしにきて、磯で生物の採集をしていたという記憶がある。色々な生物が豊富で、部員は楽しんできているようであった。
今回は、自動車と連絡船にてここへ来ることが出来たが、大阪方面からここまで来るには公共交通機関を利用してではちょっと厳しい状況がある。淡路島には電車は走っていないので高速バスの利用となるが、沼島へわたる連絡船が出ている「土生」(はぶ)の港までは、高速バスから一般道の路線バスに乗り継ぎ、さらに、南あわじ市のコミュニティバスを利用し、そして連絡船となる。日帰り行程を検討したがかなり厳しかった。>
しかし、所用ついでの散策ではあったが、島内の周遊道路や、南側の多くの岩礁、まだまだ見るところがあり、磯遊びや魚釣りなど非常に魅力ある島であることがわかった。次にまた来る機会があれば周遊道路散策と、磯遊びをしたいものだ。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

京都でハモが好まれるのはその生命力の強さ故だそうです。
 瀬戸内海で取れた魚が未だロクな交通機関の無かった京都迄運んでも生きていられる魚、それがハモだったのであります。
 よって伝統的な京料理で登場する魚は瀬戸内海で取れたハモと若狭で取れるサバの塩漬けに棒タラ位。
 今でも京料理でハモの骨切にサバ寿司に棒タラと芋を煮付けた「芋棒」が名物であるのはそんな所以が有りますね。
 特に若狭から京都に続くサバ街道は有名で、籠に詰めた塩サバを担いで運んだだけに当時は貴族でしか口に出来ない高級料理でした。
 屋号を失念しましたが六波羅蜜寺のご近所にサバ寿司の専門店が有りましたね・・・学生時代バイトで稼いだ金を懐に当時の彼女と食しました・・・(遠い目)。
 

うんつく | URL | 2009年09月14日(Mon)21:32 [EDIT]


うんつくさん

 詳しいですね。芋棒料理は私にもなじみがあります。「京の台所」と言われる錦通り、年の暮れ近くになると、多くの店には棒だらが並びます。そして、たらいの水に浸けてあるものも。カラカラに乾涸らびた棒だらはなかなか柔らかくなりません。根気良く戻したものを煮込めばいい酒のあてになります♪

四方山果無 | URL | 2009年09月15日(Tue)07:14 [EDIT]


沼島、神戸YMCAが今の生田警察署だったときにおサマーキャンプで行きました。高波で船底で船酔いし苦しんだの今でも思い出します。40年以上前の話。

戸川流 | URL | 2009年09月15日(Tue)23:53 [EDIT]


戸川流さん
キャンプ、いいですね。そういえばここ数年行っていないなー。毎年夏には丹後半島へ海水浴をかねてキャンプに行っていました。今は子供も大きくなったし、もうキャンプ卒業の年代なのかも。少々寂しい気持ちです。

四方山果無 | URL | 2009年09月19日(Sat)07:12 [EDIT]