FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

書評「博士の愛した数式」(小川洋子)

 心暖まる作品。交通事故の後遺症により80分しか記憶が保てない博士とその家政婦そして家政婦の息子が織り成す心暖まる生活を綴ったもの。博士はひがな数学に没頭し、日常のことや大切なことはすべてメモして、服の襟や袖にクリップで留めている。家政婦の顔も当然忘れてしまうため、似顔絵を書いて同じくクリップで。博士の興味は数学しかなかった。しかし家政婦の息子が来ると、すばらしい愛を発揮し、かわいがる。そして、子供は母親といっしょに居ないといけないとの持論から、3人での時間が始まるのである。

 この物語りの主人公である家政婦は、博士の数学の数々の説明を聞くうちに数学に興味を抱き図書館へも調べに行くようになる。博士の説明はすばらしく文学的で美しい。数学、とくに”数”というものは殺伐とした味気無いものであるというイメージが私にはある。いや、恐らく世の多くの人達はそう思っているのではないだろうか?しかしこの小説に出て来る博士の”数”や”数式”の説明はそれはすばらしく優しい、なかには擬人的な表現まである。この並々ならぬ数に対する思い入れを読めば博士がすばらしい数学の権威であったことが理解できる。
 博士のもう一つの特徴は、先にも書いたが、子供に対する無限の愛情である。家政婦と二人のときはそっけなくマナーも知らず過ごす博士は、家政婦の息子である、ルート(博士が家政婦の息子に付けた愛称)が来ると突然態度が変わる。きっちりした大人になる。そして、子供は保護されなければならないという気持ちからルートを大切にそして、精一杯愛するのである。
 小説のクライマックスは家政婦と博士の義姉とのいさかいの場面。子供をいじめてはならない!という言葉とともに3人の前に博士のが提示した数式。それはオイラーの公式であった。なぜオイラーの公式なのか?家政婦が図書館でしらべても、詳しい事まではわからないのだが、この家政婦のオイラーの公式の見方がそのすべてなのである。殺伐としたドライな数式、それを構成するひとつひとつの定数の持つ性質を表現し、そしてそのかかわり方を解いて行く。数学的ではなく文学的に。この解説が実はこの小説のすべてを表している。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 これは小説を読むだけでなくだけでなく映画も見ました。難しいことはともかく、数字に対するいろいろな見方があって面白いなと思いました。
 われわれにとって117という数字は心揺さぶられる存在ですが、博士にとってどういう数字なのか知りたいですね。素数ではなく、13や9の倍数であるとかだけではない気がします。

keiji117 | URL | 2009年02月27日(Fri)21:30 [EDIT]


keiji117さん

 こんばんわ。
 この小説は映画化されていたんですね。状勢に疎いもので知りませんでした。ヒロイン(家政婦)はだれがやっていましたか?
 ”117”魅力的な数字ですね~♪そのままでも「いいな」ですからね。

四方山果無 | URL | 2009年02月27日(Fri)23:22 [EDIT]


 深津絵里で、寺尾聡が博士です。あまり覚えていないので、そんなところの映画ということですね。(^^

keiji117 | URL | 2009年02月28日(Sat)11:18 [EDIT]


keiji117さん

>深津絵里で、寺尾聡が博士です。あまり覚えていないので、そんなところの映画ということですね。(^^

博士は私のイメージではもっと老齢の人の方が合っているような気もします。深津絵里が子持ちの家政婦というのはちょっとイメージが・・・?
でもその映画興味深いです。

四方山果無 | URL | 2009年02月28日(Sat)23:00 [EDIT]