FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

M氏の燃料タンク再生法

ブログは本当は、日々こつこつとアップしていった方が読んで頂いている方にとってもいいのではないかと思っているんだけど、帰宅時間の都合や血中アルコール濃度の都合によってなかなか難しい。ネタが貯まってきたら、時間のあるときに一度に何件もアップする事になってしまう。思うようには行かないものです。
またまた燃料タンクの話題です。昨日姫路在住の某M武さん宅で、再生中の燃料タンクを見せていただいた。M武氏は「は○咲○じ○」という錆落とし剤を燃料タンクに注入し、約1週間シャッフルしたり、ひっくり返したりしたのであるが、綺麗にならなかったとのこと。結局タンク上面の出っ張り部分を切り開き、ついでに中にある小部屋もきりひらき、清掃されたとのことである。
タンクカット 小部屋もカット
このタンクは燃料満タンで4年間放置したとのことであったが、驚いたのは小部屋の中にあるフィルターである。これはもう完全に目詰まりしていて、さらに、そこから燃料ポンプに接続される金属管もタールのようなもので完全に詰まってしまっていた。
ひどいフィルター 詰まったパイプ
省みて自分のPA96はタンクに1/3位のガソリンを残したまま、なんと12年も放置していたので、M武氏のものより、ヒドイ状態なのではないかと心配になってきた。しかし、このフィルターを見るには、M武氏と同じように、切り開くしか手がないのでなんとも手の施しようがない。
さて、M武氏はこれから、内部にコーティングを施し、フィルターを撤去した吸い上げパイプの先端をタンク底まで延伸し、切り開いた部分を元の鉄板をビス止めする事によって修復完成となるとのことである。タンクの切り開いた部分の回りにはすでにフラットバーが溶接されており、それには4ミリほどのタップが約4センチ間隔で立てられていた。
フラットバー溶接
この日は、他に、自作エンジンマウント4基、これも自作のエンジン試験台を見せてもらった。こちらはエンジン単体で起動出来るようにこれから燃料系、排気系、電気系の取り付けをするとのことだった。出来るのが楽しみです。
エンジンマウント エンジンテスト台
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

タンクレストアの手順としては間違って無いと思うです。
つまりケミカルでやって見てダメなら開腹手術。
 ワタシも開腹して綺麗さっぱりしてやりたいのは山々ですが半自動の溶接機では突合せは勿論何らかの形でフランジを作っても隙間無く再接合するのは殆ど無理かと?
 ちなみにワタシがあれこれ調べた所では花咲ぢぢぃも漬け置き錆アウトも同じ燐酸系で混合比が違うだけ。
 つまり酸化鉄除去に効果は有ってもタール系には無力だと思います。
 やっぱサンポールでしょうねぇ・・・・
尚、ちょいと前Eぐるさんにお伺いした時はやはり開腹手術してました。
 まあTIGかアセチレンでも有れば挑戦するんですけどねぇ、無い物は無いで・・・

うんちく | URL | 2008年07月13日(Sun)10:04 [EDIT]


うんちくさん

>つまり酸化鉄除去に効果は有ってもタール系には無力だ
>と思います。
M武さんのこのタンクでもアイドリングはしていたというのですから驚きです。唯一内部のフィルターにアクセスできるのはドレインボルトなので、最悪はドレインから5寸釘でも差し込んでフィルターを破ってしまうのも手かと・・・。
>まあTIGかアセチレンでも有れば・・・・
M武さんは低圧の半自動がベストだと言っていました。TIGは回りを加熱してしまうので、かえって歪みが出てしまい、使えないとのこと。今日、三田の「水瓶座」というショップに行った時、そこのご主人にも聞いたのですが、同じ事を言っていました。ボディ修復もなるべく細い溶接棒が使える半自動がよいとのことです。

四方山果無 | URL | 2008年07月13日(Sun)15:46 [EDIT]


四方山さん
>5寸釘でも差し込んで<
 あ~~!その前に藁人形にブチ込むのが先決では??
 煩悩が一つ消える鴨(爆)。

うんちく | URL | 2008年07月13日(Sun)17:28 [EDIT]