FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

燃料ゲージの誤差

私のPA96は以前から、燃料ゲージの動作が思わしくない。もうほとんど空になりかけなのに、結構な残量を示すのだ。ガソリン高騰の折り、たくさん有るように見えるだけでも幸せになれる・・・・・かも知れないが、実際はガソリンが無くなり、突然死ということにも成りうるかも知れないのである。 そりゃ、12年も雨ざらしで放置しておいて、燃料タンク内はさびだらけ、ゲージも凄い錆の堆積だったので、まともに値が出ることの方が・・・いや、動くだけでも奇跡と言うべきかも知れない。まー燃料ゲージが動かなくてもトリップメーターがあるので、それを見ながら給油する時期をつかめばいいようなものなのだが、出来ることなら”元々ある機能”は気持ち良く動作してほしい。ということで、予備のゲージを配線に繋いで誤差を確認してみた。
燃料ポンプとタンクゲージ、そして残量警告センサは後ろの座席を外すと、コネクタが出てくる。 仮接続
そこを外して、予備の燃料計を接続する。燃料計は摺動抵抗器であり、細い線がぐるぐる巻いてあり、その上をフロートに接続された接点がこすってゆき、その抵抗値に応じて、燃料ゲージが妥当な値をしめすのである。さて、予備のゲージは・・・・?規定値どおり、ゲージ本体の抵抗値は17Ωから175Ωまでになっているため、問題はない。しかし、繋いでメーターを読むと・・・・
フル エンプティ側
と、結構誤差が大きい。特にエンプティ側が誤差が大きい。>
そこで、検証のため、以前いただいた、メーターユニットに接続して、同じようにエンプティからフルまでフロートを動かしてみる。
バラック 配線
こちらの方はきわめて正確に表示する。 フル側(バラック) エンプティ側(バラック)
とすると、燃料ゲージ自身の問題でなく、メーターの問題と言える。それとも、オルターネーターを先日交換したので、そのぶん電圧が高くなり、ゲージの誤差となって現れるのかも知れない。次はメーター内のレギュレータを確認してみよう。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

間が開きましたねぇ。
燃料ゲージですか?ウチはセンサーを大分解&改造した結果残量警告灯も含め無事復旧。
 四方山さんの場合だとどうもゲージそのものの問題らしいですがゲージ自体は単なる電圧計の筈なんで一度定電圧電源でも接続して動きを見ては如何かと??

うんちく | URL | 2008年06月29日(Sun)09:40 [EDIT]


うんちくさん
こんにちわ。
そうなんです。随分久しぶりのアップとなりました。
最近あんまり自分の車をさわっていなかったのでネタがなくってね(笑)燃料費の高騰もあるし、厳しい時期です。

四方山果無 | URL | 2008年06月29日(Sun)17:54 [EDIT]