FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

映画「なぎさ」

映画「なぎさ」  平成12年製作の映画。舞台は昭和30年~40年代頃と思われる。稲の柄の100円玉が出てきていた。 主人公なぎさという少女の一夏の経験をつづったもの。少女といっても小学6年生くらいの設定だと思う。漁師である大好きな父親を亡くし、母親と二人暮らし。母親は居酒屋を経営し、日々接客をしている。母親が客に媚びを売る姿を見て、なぜそんな対応ができるのか子供のなぎさには理解出来ない。

夏休み前の成績表で体育がひとつだけ上がった。約束に、レコードプレーヤを買ってくれと母親にせがむが、母親は体育は勉強ではないと拒否。プレーヤーを買うために、おばさんの経営する海の家でアルバイトを始める。最初はなかなか商売上の冗談が言えない。この生真面目で、初々しいところがよい。そんなところへ、おばさんの娘が不良と共にスポーツカーで帰ってくる。(昔の不良のスタイルはそれだけでレトロである。)派手な服装、モンキーダンス。ノスタルジーを感じる映画である。 ある時東京へ出ていった同級生のお嬢さんが帰ってくる。ホテルのオーナーでお金持ち。なぎさの母親とは昔そのホテルで共に働いており、オーナーを巡ってのライバル同士であった。そんなことを背景に、そのお嬢さんが作った話に乗せられてしまうなぎさ。 また、入り江で水泳をしているときに出会った男の子。体が弱く、泳げずに漂流物を集めていた少年になぎさは水泳を教えてやる。ある日不良のおねえさんに誘われて、パーマをかけ、夜のパーティにいくことになるが、その前に少年に水泳の特訓をしに行く、しかし、どうしてもその髪型ではその少年に会うことが出来ず、翌日おかっぱ頭にしてしまう。このあたりも子供から大人への揺れ動く少女の心が感じられ、思わずなぎさを抱きしめたくなる。 おかっぱ頭にしている間に少年は離れた島までの水泳に挑戦し、おぼれて死んでしまう。救急車のサイレンを聞いたなぎさはもしやと思い、いつもの入り江へ行く。途中で神主に会って少年がおぼれて助からないのではないかと言われ、気を失ってしまう。 夏も終わり海の家も閉められた。アルバイト料で念願のプレーヤーも替えた。しかしなぎさの心は晴れない。少年のお父さんがなぎさに会いに来て、少年が生前に集めた漂流物の標本を見せる。不明な石、空白の標本箱の枠、それらの謎を父親に話し、空白の枠には、ガラスのかけらを入れる。 秋の湘南の浜辺、人気のない波打ち際、なぎさは一人で歩きながら少年のために泣く。標本箱の空白の枠の日、はたしてその秘密とは・・・。 子供から大人へ、その過程でのめくるめく多くの出来事。それをこの映画は表現している。芯がしっかりしたなぎさという少女を使って、子供のけなげさ、素直さ、そして、気丈さなどを表現している。また、なぎさに水泳の特訓を受けた少年は一生懸命練習をする。これは少年のひたむきさを表しており、その場面には心洗われる。 夏の終わり、なぎさは友達と笛付きの飴を食べ音を出し、シゲキックスを食べてすっぱがり、二人で海で戯れる元の少女に戻っていく。まだまだ大人になんかにはならないよー!と言わんばかりに。 松田まどか主演、小沼なにがし監督、榎本明が神主で出ていた。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する