FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

フロントエプロンの穴ふさぎ

今日は下の中学生の息子の剣道昇級審査で伊丹まで付き添いで行った。帰ってきたのは15:30分それから2時間ほど全塗装の前準備を行った。
作業内容はフロントエプロンの板金。先日の記事でも書きましたが、○川さんからいただいたフロントエプロンには右の下の方に500円玉ほどの大きさの穴が開いていた、まず全体の錆部分を錆落としし、穴の周辺を四角く切り取る。その大きさに合わせて別の鉄板を切り、あて板を作る。スポイラー部分の曲げに合わせ、あて板も曲げて切り取った部分にきっちりと入るようグラインダーで修正する。ピッタリ合ったらそれをハンダ付けするのだ。その後、盛り上がったハンダを削り、完成である。
穴 カット あていた ピッタリ
はんだ 出来上がり
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

パッチの接着に何を使うか未だに悩んでしまいます。
 ハンダは防錆材の代わりにもなるので好んで使いますがフラックスを綺麗に洗い流さないと錆の温床になるし割れも心配。
 ワタシはバッテリーターミナルの鉛と市販のハンダをハンズで買った坩堝で溶かしてロクヨンの板金ハンダを作ったりしてますがハンダ鏝では溶けないんでブタントーチで溶かしパテ代わりにも使ってます。

うんちく | URL | 2008年04月28日(Mon)08:41 [EDIT]


うんちくさん
ハンダ付けはいちばん安直な修復方法だと思います。本当は溶接したい物ですが、交流アークでは薄板は穴が開いてしまうし、TIGなんてものは持っていないし・・・FRPは腐食してくるし。ってなことでハンダ付けを多様していますが、平坦に研磨するときにグラインダーでこすると、粉塵が出て健康に非常に悪そうです。なにか良い方法はないかな?

四方山果無 | URL | 2008年04月28日(Mon)09:34 [EDIT]


いよいよ泥沼の世界にハマッて来ましたね。
 パッチの接着方法ですがケースバイケースで部位と症状によって使い分けすべきなんですがプロじゃ無いんでいつも恐る恐るです。
>交流アークでは薄板は穴が開いてしまう<
 それがですね、9980円の交流アークでもツボを抑えてやればテンハチでも穴は開かないのです。
 このテクを書くと本になっちゃうし溶接の教科書にはそんな事は書いて無いし・・??ご希望で有ればその内伝授致します。
 所で例の接着板金に挑戦中ですんで作業が進み次第股ブログにUpしますね。
 

うんちく | URL | 2008年04月29日(Tue)12:03 [EDIT]


うんちくさん
今日は朝からエプロンとトランクリッドのパテ盛りをしました。トランクリッドの後縁は再度たっぷりとPORを吹き込み現在乾燥中です。
時間が余ったので昔のビデオデッキを修理。例に漏れず、やはりゴムベルトの劣化でした。ヘッドはダイレクトドライブで、テープの巻き上げと、ローディングのベルトだったので輪ゴムで代用。見事復活!?しました。あー、こうしてマニアックな1日が過ぎてゆくのです。(悲)
アーク溶接のコツは次回お会いした時に教えてくださいませ。

四方山果無 | URL | 2008年04月29日(Tue)12:55 [EDIT]