FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

京都伏見の三栖閘門

昨日、所用があり京都伏見に行った時、近くにある「三栖閘門」を覗いてきた。 以前より近くを通る度に気になっていた施設だ。閘門とは、水位の異なる水路と河川等の間に仕切り(ゲート)を2つ設け、水位を調節して、船舶を通すための施設である。ここは昭和4年に完成したとのことで、昔は道路・鉄道が発達していなくてその変わり多くの舟運が経済の発達に寄与したとのこと。現在は土木遺産として保存され、周辺は綺麗に公園整備がされている。水路の両脇にはサクラの木が植えられ。昨日の雨で散った花びらが水路にたくさん浮かんでいた。尖塔のように高いゲートのピアは、4月1日~11月まで一般公開がされており、また、閘門の水路を利用して、昔の十石舟を模写した観光船が動いていた。少し葉桜の風景はまさに「春うらら」である。
三栖の閘門とさくら 十石舟 はないかだ
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

インクライン?

ん?この類の施設では同じ京都のインクラインが有名ですね。
 伏見にも有ったとは知りませんでした。
 伏見と言えば酒、更に屋号は失念しましたが旨い鳥料理を食わせる店が有ったんですが・・・
 今度ポン子ちゃんと良くかな??てへへへへ♪
 

うんちく | URL | 2008年04月12日(Sat)19:40 [EDIT]


うんちくさん
京都蹴上のインクラインは琵琶湖疎水を利用する舟を、水力発電のためにある落差を登らせるためにコロとロープで引き上げる施設ですが、伏見の三栖の閘門は2つのゲートを利用して、水路と本川の水位差を2つのゲートの間の閘門内に充水することにより水位を合わせるという、スエズ運河のような仕組みなのです。(・・・と知ったかぶりをする私なのでした。)
伏見の有名な鶏料理店といえば、おいしい日本酒が飲めるあそこ?なのでしょう。鶏料理がダメな私でも知っている店です。あー、一度ポン子チャンとお話したいですなー。

四方山果無 | URL | 2008年04月12日(Sat)20:32 [EDIT]