FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

航空機の軌跡など

なんでだか、航空機の軌跡などを見てみた。
マニアックな自分の趣味(のひとつ)である(そして不覚にもそれを仕事にまでしてしまった・・・)分野なのですが、
アマチュア無線の高感度でコンパクトな自作アンテナをネットで探していたところ見つけたページがこれ。
VHFの周波数が受信でき、オーディオケーブルでパソコンに受信音を入れてやるとそれが見えるとのこと。
IC-R100.jpg
東京福生の故Hさんよりいただいた広帯域受信機IC-R100、これを使い受信音をパソコンに入れる・・・・
KGACARS.png
このようなフリーソフトをダウンロードしてみると・・・
おおっ!なるほど確かに伊丹空港を離陸したJL2081が南九州方面に飛んで行っているのがわかる。高度40000フィート。
昨今の高度な変調方式を使用する各種無線設備に比べ、航空の世界は基本はAM、信号もかつてのモデムの音に似た音声帯域なので非常にプリミティブなのだ。高品質より確実性を重視する世界なのだと思う。
航空機からの信号を受信できるのは、我が家のアンテナの能力から四国南部までのようだ。
地図上に表示される航空機の軌跡を見ているとなかなか興味深く、見ていて飽きない。
フリーソフトを提供していただいているK.Gさんに感謝です。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する