FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

昔の道しるべ発見!

2月8日、母親の7回忌法要の後、墓参りに行った。
その時墓地の前にこんな石の道しるべを発見!写真に撮って来た。
何が書いてあるか解読してみようと思う。
道しるべ
まず東面、すく新在家 石工宗兵衛 (すぐそこが新在家 製作者は石工の宗兵衛さん)
東面
西面は、すく国包 三木 (すぐそこが国包、三木)
西面
南側はちょっと字が多い。右 大野おみや、左 高砂 加古川 (大野おみやとは日岡神社の事か?)
南面
最後に北面は、すく加古新田 大野邑 文政十丁亥年春三月 西国同行中 (すぐそこが加古新田 大野村で文政10年(1827年) 3月に西国33か所巡りの仲間がお金を出し合って寄進したもの・・・)・・・というような意味か?
北面
もう193年前の石碑だったんですね。この墓地の前の道は確かにずいぶん古い面影がある。加古川川岸段丘の一番上を通っている道なんですね。そしてここが分岐点だったのでしょう。この先もまだ一部昔ながらの道がある。久しぶりに歩いてみたいものです。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する