FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

測定器の測定

(1月5日の記事です)
パーツケース
 電子部品は膨大な種類があり、年々増えてくる。増えてくるといっても自然増殖するわけではなく、必要に応じて自分で購入するのだから増えるのだが。そして使う時になるとあれはどこにしまったかな?確かあったはずだけどな・・・などと言いつつ探しているのが実態であり、これによってずいぶん人生を無駄にしていることだろうと思う。ホームセンターでパーツケースなどを購入し、整理を行った。写真に写っているのは今回買ったものだけであり、実は今までからもいくつも購入し、また、段ボールの箱などにもたくさん詰めてあるのだ。しかし、段ボールの箱に詰めた時点でもう探す気は失せる。箱に中には何がはいっているのかを事細かく書いて置かないと探しきれないのだ。
測定器類
 部品整理のついでに測定器の動作確認も行った。上段のスペクトラムアナライザはレコードプレーヤーと共に故H氏から譲り受けたものだ。近々、アマチュア無線を再開しようと思っているのだが、愛用の無線機が新スプリアス基準に適合しているかどうかという事を確認する必要がある。基準内に収まっているといいのだが。
















 H氏も私もその昔はアマチュア無線をしていた。中学生、高校生時代の事だからその当時に交信したかどうかは記憶にないのだが、西宮と加古川、VHFなら直接波(若干回折)で届かない距離ではない。
 時代は飛躍して数年前、お互いにアマチュア無線をしていたことを知り、長い間休止していた趣味を再び復活し、昔のコールサインが取れれば交信しようと言っていたのである。
 残念ながらそれも果たせなくなってしまった。あの世の彼と交信でもできればな・・・。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する