FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

樋門操作員になった

(これは4月3日の記事です)
地元の農業の水利委員長から樋門操作員になって欲しいと依頼された。定年退職はしたが、まだ年金が返ってこないので、働きに出なければならないと思っている事を伝えたが、なり手がいないから常に出動できなくても他のメンバー(合計4名)でフォローするので何とかやってほしいとのことだった。
1曇川樋門全景
加古川の曇川樋門である。曇川は雨水の排水のための河川だけではなく、上流にある加古川大堰から取水された農業用水の水路の一部でもある。
1.1看板
農繁期には下流に適切に農業用水が配水されるように調整もする。
2操作盤外観
当然だが主たる目的は洪水防御(内水被害の軽減)のためなのだ。
3説明
年度末に以前携わっておられた方がご高齢のため引退され、その後任となった。とは言え他に3名居る操作員の方全てが70歳を越えている。先日の水路掃除の記事でも書かせていただいたが、いかに高齢化が進んでいるか、(若い農業従事者がいないのと同時に若い方々は社会的な活動を担い得る余裕もないのだ)要するに農業では生きて行けないから勤めに出る、そうすると、社会的な事、消防団とか水防団とか町内会の役員とかその他の役割を担え無いのである。(まあ、農業従事者のみがそれらをやるのも偏っているとは思うが)
4操作パネル
ということでご高齢の水利委員長から樋門操作の手順やノウハウを伺ったのだ。
5工夫
先にも書いたが、ここの樋門は五ヶ井土地改良区の農業用水の調整も行っているそのためにはゲートの開度の調整がシビアだとのことで、こんな開度表示を作られていた。本来の樋門だと、全開か全閉しかないのですがね。
6吐き口
こちらは、樋門上屋の窓から見た放水路、加古川本川の中である。穏やかな日々が続く事を祈りたい。

 余談ではあるが、一つ疑問が湧いてきた。自分の後釜っているのだろうか?ということ。操作員に就任したときに思ったけど、今でさえ高齢化で後任がいなく、自分の定年退職を待って居られたかのように依頼があったのだ。
 地元で農業をしている人達のなかでは実は自分が一番若く、それ以降については今の世代が交代すればもうだれも農業をしないと言っているそうだ。実は自分の息子達にもあえて農業はして貰わなくてもいいと思っている。すると、自分は身体が動けなくなるまで曇川樋門の操作員なのか・・・と気づいた次第。
 ただ、気づいたとしても、他に候補者が居ないのに断る訳には行かないし、いままで恩恵を受けてきた五ヶ井に対して、いずれはその恩返しをしなければとは思っていたから。
 就任して早々ではあるが、これから先、誰がどのように管理を継承していくのか今からでも考えて行く必要があると思った。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

良いなぁ

正社員で残業に休出に出張に若いコ迄付けられて仕事するよか安給料でも良いからそんな正社員のしがらみも責任も何も無くて無責任でノーテンキな仕事が理想なんですがね。
早期以降お声掛けをいただいた中には何件か有りましたがイザやる?となるとヤッパ身に着けたスキルや資格や知恵知識は有効に?
てな事言うてるウチに病を得て身動き出来なくなりました。来週は市の人材センターにでも行って見ますが案外で適職って無いのです。
だって持ってる資格やスキルが特殊過ぎてねそんな労働者を求める会社なんか無いのだあ。例えば車だって普通一種に大型自動二輪車じゃね、せめて普通二種とか大型特殊とかならなぁ。どうしよ?

樋口 | URL | 2019年04月04日(Thu)06:45 [EDIT]


樋口さん
確かに再就職は容易ではありませんね。前の仕事を引きずってなんて出来るのはよほどその世界に貢献したか、人望があるかという事でしょう。
今日、求職願を出して来ました。何か仕事が見つかればいいのですが。

四方山果無 | URL | 2019年04月04日(Thu)12:40 [EDIT]