FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

テーラーの修理

最近、隣のおばちゃんと月一でデートしている。半年ほど前、たまたま病院で声をかけられ、それ以来毎月病院デートです。
(なんだか情けない)
先日、病院帰りに世間話しをしていた中で、テーラー(小型耕耘機)のエンジンが掛からなくなってしまったとのこと。
気軽に「いっぺん見たろか?」と言ったところなんだか期待されてしまったようで、本日引き取ってきた。
対象のテーラー
くだんのテーラーはまだ真新しく、あんまり使われていないうちにエンジンが掛からなくなったようだ。
火花OK
ということで、まずはプラグを外して火花の具合を確認。おー、十分スパークしています。
キャブ外して
次にプラグを戻して何度かリコイルスタータを引っ張ってみるが全く初爆なし。再度プラグを外してみるが、プラグが濡れていない。
フロート室
ということで、まず燃料ラインを確認。以前、うちの草刈機は燃料が古くて起動しなかったので、念のためガソリンも新しいものに交換しておく。燃料は落下式なので、キャブレターまでは自然と燃料は来ていたので問題なし。
メインジェット
で、キャブレターを分解してみれば・・・
つまり
はたして、詰まっていましたね。恐らく間欠的な使用のため、ガソリンの添加物がメインジェットを詰まらせていたようです。
掻き出す
フロート室内のここがガソリンの析出物で目一杯詰まっていました。
修理完了
これを除去することにより無事、復活しました!
テーラーは何とか復活したのですが、でも、とても気がかりな事があります。おばさんもおっさんも果たして復活したこのテーラーを使えるのか?明日はこれを元の所へ返して僕の仕事は終わるのだけど、毎日、セニアカーでそこへ畑をしに行っている状況を見れば・・・言葉がありません。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

検証

検証する四方山さん
>プラグが濡れていない
 お!流石ですな、で?やはりですか?でおばさんは??

>セニアカーでそこへ畑をしに行っている 
そりゃ大変ですよね、そこでご提案なんですがそのセニアカーとテーラーをドッキングしてテーラーのガソリンエンジンでセニアカーを駆動するなんてどうでしょう?ついでにPTOもつけて揚水ポンプとか籾摺り機も駆動出来る様に改造。
 それではパワー不足になるので排気タービンをつけてパワーアップなんかすると楽しいですよね???ネ??え?嫌だと??

うんちく | URL | 2019年03月19日(Tue)13:33 [EDIT]


うんちくさん

こちらにコメント頂くのは久しぶりですね。
くだんのおばさんは88歳、おじさんは92歳です。おじさんは最近、溶接の資格を取得されたようで、「なんでも持ってきたら溶接してやるで。」と言ってくれているのだが・・・。そうですね、セニアカーにテーラーを付けてみてもらいましょうかね。(とてもバイタリティのある方で、畑がある別荘の方では、畑への通路のコンクリートを打ち替えようと手ノミとハンマーで奮闘されているようです。考えられない!羨ましほどの意欲ですよホントに。)

四方山果無 | URL | 2019年03月23日(Sat)17:56 [EDIT]