FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

ふたたびボケについて

口径の大きい明るいレンズは絞りを開くと彼写界深度が浅くなり、焦点の合う部分が狭くなる。
例えば・・・
絞る
これは絞りを絞った撮影
開放
そしてこちらが絞りを開いた撮影です。ちがいがわかりますね。
木の葉
という効果を利用して撮ったのがこれや・・・
スイセン
これです。バックがボケていて余計なモノが映らないので対象物が引き立つでしょ。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

昨夜の「アメトーーク、スマホ芸人」見ていたら、ポートレート機能とゆうのを使うとこの「ボケ」が簡単に再現できると実践していました。スマホ1台で高級カメラにしかできなかった事がいろいろできるんですね。・・未だにガラケーのわたしには驚きの世界でした(笑)

red117 | URL | 2018年12月31日(Mon)11:33 [EDIT]


red117さん

 私もまだガラケーです。スマホがガラケー並に安くなれば替えようかと思っているんですが・・・
 一眼レフも写真者向けの機種は色んなシーンが選べる機能が付いています。親切なようなお節介のような?昔は(・・・なんて言い出すともう老人かも知れませんが)写真1枚撮るのも真剣でした(フィルムが勿体ないと思い)今はバシバシ撮って良いのを選べば良いので、その点は安直ですが、どうも魂がこもっていない写真ばかりで・・・。そう、昔は(また言ってる)写真を撮られると魂が抜かれる、何て言われた時代もあったようですが、魂を抜くくらいの真剣さがないと良い写真は撮れないでしょう(なんちゃって・・)

四方山果無 | URL | 2018年12月31日(Mon)11:50 [EDIT]