FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

IP統合網の整備に係る調整会議(西部)

(これは10月22日の記事です)
毎年、西日本の各整備局で持ち回りにより開催されている会議、今年は沖縄であった。
前に沖縄へ行ったのは平成7年、23年ぶりだ。
ゆいレール
空港から首里まではモノレールが出来ていた。
7沖縄総合事務局
会議はここで。
8災害対策室
総合事務局の災害対策室です。
換気棟
会議2日目は施設視察で那覇うみそらトンネルと金城ダムを見学。これは那覇うみそらトンネルの換気棟。
沈埋工法により7ブロックに分割されて設置されたトンネル。全長700メートル余り。
縦坑
沖縄県内では初の海底トンネルで那覇西部道路の一部である。これはトンネル内換気の縦抗。
監視室
ここではこのトンネルともう一本のトンネルを常時監視している。
那覇空港方面
換気棟には展望バルコニーが設置されており、ずっと向こうに見えるのは那覇空港、そしてその手前がトンネル入り口。トンネルは真っ直ぐこの換気塔にむかい、この下を通っている。このバルコニーは一般公開を検討しているとのこと。
展望施設
こちらは沈埋トンネルの反対側出入り口。中央の建物のあたりになる。
これは開発中の、道路照明灯や情報板のアンカーボルト保護のための新しいグリスキャップ。
透明の樹脂で出来ており、開けなくても中の状態が見え、点検の省力化が図れる。
グリスキャップ
治水施設として金城ダムも見学。古びた水路のように見えるが実は平成20年に完成した農業用水用ダムである。
金城ダム
沖縄は遠く、なかなか行く機会が無い所であるが、今回は幸運な巡り合わせでした。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する