FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

いすゞ117クーペ生誕50周年イベントに行ってきた。

(これは9月23日~24日の記事です)
9月23日、日曜日、朝6時過ぎに播磨町のTさんガレージを出発、途中御在所SAで117クーペオーナーズクラブ関西支部のSさんと合流、そしてその先、新東名の静岡SAでクラブ関西支部の皆さんと合流する。そこで昼食。大磯のホテルには14時過ぎに到着した。
自分
 我が117クーペ“きつね号”は久々の遠距離走行が嬉しいのかとても調子良く快適であった。先日までに修理したクーラーのブロワ、ワイパーウオッシャーも良好、発電も正常であった。
ホテルに到着すると懐かしい各地のクラブの面々、50台近いクーペの群れ、まあこれだけでも素晴らしい。実は今回のイベントにはいくつかのテーマを持っていった。まずそのひとつとして、関東支部Yさんのクーペのオルターネーター回路を見せてもらう事。早速ボンネットを開けて見せていただく。エンジン始動前ワーニングランプは全点灯、エンジンを掛け、アクセルをひとふかしすると消える。なかなかよい。自分の車ではこれができないのだ。発電機を見せてもらうと、何と!私のと形が違う。おそらく監視・制御信号の機能もちがうのだろう。だから同じ動作ができないのだった。どちらも日本オートパーツの製品なのに何故?と思ってしまう。
3時半からはクラブの総会があるので一般参加の私は手持ち無沙汰である。ゲストのイスズOBの佐藤さんもクラブ員がお相手出来ないので筑波のTさん、四国のSさん共々とでお茶を飲みにロビーへ。そして一足先にクーペ開発秘話を聞いてしまいました。
懇親会は6時半から、その後別室で二次会、初対面のクーペオーナーの方とも数名名刺交換ができた。(実はこの日のために名刺を作成してきたのだ)同行のTさんは絶好調でしたね。日頃から雄弁なのですが、更に輪をかけてまるで喧嘩腰でした。結構な事です。
横長
翌朝は7時朝食8時過ぎには大磯ロングビーチ駐車場に車を移動させ整列。100台近いクーペが整然と並んだ風景はなかなか壮観でした。よくこれだけの皆様が集合されたものだなとクーペの魅力を改めて認識したしだい。
たくさん
ここでも、日頃はネットでしか話していない多くの方とお会いし、話すことができた。あ、ちなみに最初に書いたテーマの二つ目は多くの方とお会いする事でした。
たくさんたくさん
その後は「117クーペ開発秘話」の講演会、6名のいすゞOBの方々より講演していただきました。いずれもなかなか知る事の出来ないお話でありとても興味深かった。雑誌に載せるなら結構な記事になるだろうなと思いましたね。
駐車場
昼食の後、藤沢市にあるイスズプラザへ移動。ここへの訪問もテーマのひとつ。レストアされたクーペを見るのも楽しみだったけど、自分としてはイスズのエンジン単体の展示がとても興味深かった。展示用のためかとてもきらびやかではありましたが。こちらでも懐かしい方やネットで知り合った方のお顔を初めて拝見することが出来ました。
スミダ号

燃料噴射ポンプ

この日はここに泊まり、明日は少し観光して帰る予定。夜はオーナーズクラブ関西支部メンバー4名とSさんとで宴会。関西支部の皆様にはお世話になりっぱなしでした。
(以下江の島に続く)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する