FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

稲の成育状況(2018年8月14日)

(この記事は8月14日のものです。)
お盆休みしています。
樋門
今日は我が家の水田に水を引いている用水路の上流にある曇川樋門の管理運転の日。
以前にも少し紹介したかも知れないが、曇川(くもりがわ)は稲美町から流れ出て、加古川町神野地先で加古川大堰から取水した農業用水を補給し、加古川町大野地先にある曇川樋門で加古川本川に放流する。
平常時はこの曇川樋門は閉じられており、曇川の水は下流の農業用水路(五ヶ井)を潤す。
降雨等により稲美町方面からの水量が増えると樋門を開けるのである。
この樋門、夏場は月に2回、樋門ゲートの動作試験がありゲートの開け閉めをする。
すると、当然下流の水路の水位は下がり、水が来なくなる。
一度開閉すると、約1時間は田に水が入らない。
樋門操作試験
さて、稲の成育は順調です。
稲成育1
先日の”中干し”以降再び水を入れている。この時期は水は入れっぱなしではなく、一度入れると止め、水田の水が無くなるとまた入れるという事を繰り返す。結構面倒な時期なのです。
稲は株も太くしっかりしてきました。
稲成育2
来月始め頃には稲穂が出てくるでしょう。
今年はけっこう立て続けに台風が来ている。幸い一度は水没したもののその後は被害はない。これから背丈が伸び穂が垂れてくると、風台風による倒伏がこわい。なにとぞ穏やかな気候でありますように・・・と日々祈っている。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する